新ブログ「べっぷ移住物語」

東京都

ステーキ鉄兵の移転先は、某有名店の跡地だった!

2015/09/29

現在 1 / 1 ページ目

あまりに書くことがないので、以前行った千駄木にあるステーキ屋の鉄兵のレポートを書きます。今年の夏の話なんで、結構前ですね。

鉄兵は、以前は根津の駅の近くの精肉店の二階に店舗を構えていましたが、別の場所に移転するとかなんとかで数年間の休業を経て、気が付けば千駄木でひっそりと再開していました。

谷中〜根津〜千駄木一帯は、通称谷根千と呼ばれる観光地で、飲食店の大半は観光客相手の店か、地元民がたむろするような感じのちょっと入りづらい店が多く、リーズナブルな価格でまっとうな料理が頂ける店としては、鉄兵はかなり貴重な存在だったので、お店を畳んだのを知った時はショックに打ちひしがれたものです。

根津にあったころの鉄兵。鉄兵は味もさることながら、その一風変わった店の場所も特筆すべき点でしょう。

根津にあったころの鉄兵、なぜか小さい写真しかなかった

鉄兵は店の入口がなんと一階の肉屋の中にあって、夜は閉店した肉屋の中に勝手に入って階段を上るという、かなりファンタスティックかつ隠れ家的なお店でした。

鉄兵の入り口は閉店した肉屋の中

山形牛のサーロインステーキが、ご飯や付け合せもセットで3000円以下!う〜ん、たまらん・・・

在りし日の根津の鉄兵・サーロイン定食

鉄兵の移転先は、日本一不味いラーメン屋彦龍の跡地だった!

再開を知ったのは結構前(一年くらい?)ですが、なかなか行く機会がなく、今回初めて訪れてみると・・・あれ?ここは?

鉄兵は日本一不味いラーメン屋彦龍の跡地

そう、ここは日本一不味いラーメン屋としてメディアでもよく紹介されていた、ラーメン 彦龍の跡地!

在りし日の彦龍。

画像は田村宗隆 和尚過激団様の、日本一まずいラーメン「彦龍」より。

日本一不味いはネタ?

ツレが以前仕事でここの近くによく来ていたので、彦龍にもよく食べに来ていたらしいのですが、意外にも炒飯はそんな不味くなかったらしいですよ。日本一不味いラーメンは、ジンギスカンキャラメル的なネタだったのか?分かりませんが、ツレはネタでも不味いとわかってるものに手を出すタイプではないので、ラーメンは一度も食べたことがないそうです。

いくらなんでも狭すぎな鉄兵の店内

で、まぁそんなことはさておき、店に入ると、中は喫茶店みたいな造りになっていて、奥のカウンターの裏にキッチンがあり、客席は四人がけのテーブル席が二つぐらいと一人がけ用の席がいくつかあるだけで、それでも席の間を通るのも苦労するほどの狭さ。おまけに満席!

鉄兵が根津にあった時は、逆に無駄にだだっ広すぎるような印象を受けるお店だったのですが、ちょっと手狭な店舗探してたら今度は狭すぎだった!って感じなんでしょうか?

しかし、席は二階にもあるそうで、そっちは空きがあるとのことでホッとひと安心。

はしごのような急階段を昇ると、一般の民家の居間のようなフローリングの部屋が座敷席になっていて、グループ用の大きめのテーブルが二つと、二人用のテーブルが一つ置かれていました。広々とまでは行かないものの、一階に比べればまずまず落ち着いて食事ができそうです。

激狭な店内、二階は多少広々

山形牛のステーキセットを注文。根津の方にはなかった生ビールも一緒に注文しました。

しかしあの階段、普通に登り降りするだけでも大変なのに、料理や飲み物持って移動するの、めちゃくちゃ大変そう・・・料理を運んでるのは多分五十〜六十代と思しき女将さん一人だけ。一日何往復するんだろう?

案の定、以前に比べて色々と出てくるのが遅くなった印象。加えて、前より場所が良くなった分繁盛もしてるので、一階の喫茶店のキッチンみたいな厨房でこの店のキャパシティを回すのは、傍から見ても少し無理があるように見えました。

ラーメン屋とかによくある、食べ物用の小さいエレベーターみたいなのでもあればもっと効率良く回りそうなもんなのですが、この店に小さくてもエレベーターを付ける土地の余裕なんか、あるとはとても思えないし・・・

庶民的な店ながら、お酒の品ぞろえはちょっと特殊

お腹が空いて耐えられなさそうだったので、ステーキの付け合せを先に持ってきてもらいました。超ごん太のマカロニサラダと、手作りのお漬物。

「どこで売ってんだ?」ってぐらい極太のマカロニのサラダ

グリーンサラダと、手前の大根おろしはステーキにかける用です。そして、前の店の時から必ず注文していた、このちょっと珍しい名前の日本酒。

よそではほとんどお目にかかることのない初孫「は号仕込」

は号仕込。フルオープンの缶に入った発泡性の日本酒で、甘い日本酒が苦手な人にもすっきりとして大変に飲みやすいお酒です。山形県の酒造メーカー初孫酒造の商品らしいですが、よそではこれほとんど見たことないんですよねぇ。

看板メニューの山形牛ステーキといい、鉄兵は山形県と深い縁があるお店のように見受けましたが、どうなんでしょうか?

冷めた料理、頼んだものもなかなか出てこないし、仕方ないけど何かね…

ようやく、待ちにまったステーキの登場〜!・・・って、あれっ?鉄板に乗ってきたはいいけど、ジュージューもいわないし、「鉄板の上で焼き加減調節して下さい」って言ってたけど、加減するも何も完全に冷めてんじゃん!

久々の鉄兵のステーキは、完全に冷めていた
在りし日の根津の鉄兵・サーロイン定食

昔の写真と比べるとこの違い!完全に冷めきってるのがお分かりになりますでしょうか?

以前、どこかの口コミサイトだかブログだかで、鉄兵で冷めたステーキが出てきたというようなことが書かれていたのを見たことがありました。しかし、根津のお店の時はそんなこと一度も無かったので、よくいるモンスタークレーマーみたいなヤツなんだろ?と、特に気にもとめていなかったのですが、うぅ〜ん?これは・・・今の店に移ってきてからこうなったのか、以前からたまにあったことなのかはわかりませんが、なんかすごく(´・ω・`)ガッカリ…

山形牛は脂身の多いタイプの肉なので、冷めてるとただの脂っこいくどい味になってしまいます。まぁ、大根おろしとレモンでそれなりに爽やかには頂けるのですが。

彦龍の跡地という条件が、そうさせたんでしょうか?味もサービスも前よりハッキリ言って落ちてるにも関わらず、今のほうが繁盛している鉄兵の様子を見ると、不味いのに近隣のどのラーメン屋より有名だった彦龍の念のような物が、未だに店の中に染み付いているようにも感じました。

また来ることあるかなぁ?鉄兵は再開したけど、根津のあの店はもう無くなってしまったのだな、と思った私でした。

千駄木 鉄兵へのアクセス

住所:東京都文京区千駄木3−42−8

Tel:03-3824-4919

URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~teppei/index.html

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-東京都
-, ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!