新ブログ「べっぷ移住物語」

九州 熊本県

人吉温泉共同浴場めぐり

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

楽しい九州ツーリングも後半に差し掛かり、それとなく帰りのことも意識しつつ、阿蘇地獄温泉を後にしました。

次なる目的地は、同じく熊本県内にある人吉温泉です。しかし同じ県内とはいっても、人吉は熊本県の最南端の県境に位置する都市で、北部の阿蘇からかなり離れているので、熊本市内まで出ると後は目的地まで高速で時間短縮。一気に人吉を目指します。

九州自動車道

九州自動車道の沿道の景観は、ぱっと見関東近郊と地形的に大きな違いがあまり無いので、時折現れるICの看板の地名を目にした時だけ一瞬、「遠くまで来たんだなぁ」と感じました。

唯一関東と違うと感じたのは、山にやたらと栗の木が生えていること。丁度この時期は栗の花の季節で、むせ返るような匂いに熊本全体が包まれている様でした。

なぜか突如としてくまモン擁護派に一転したツレ

途中のサービスエリアにてトイレ休憩。お土産物売り場の一画には、熊本らしく特設くまモンコーナーがありました。しかも、この日はここのみでくまモングッズがセール価格で販売されていて、女性へのお土産用にとあれこれ物色するツレ。

サービスエリアにも特設くまモンコーナーが

「これもいいなぁ~、あ!こっちもかわいい♪うふふ〜(●´ω`●)」とツレ。

急にくまモンかわいいとか言い出すツレ

あれ?くまモン嫌いじゃなかったの?えらい変わり様に不思議になって聞いてみると、「えっ?別に嫌いじゃないよぉ〜?」とツレ。

ええっ!嘘つけ、目が爬虫類みたいでキモいゆーとったやないか!

ツレは『ぐんまちゃん』や『ハローキティ』などのファンシーキャラ大好きおじさん

ツレはファンシーグッズやキャラクターグッズは男性にしちゃまあまあ好きな方なのですが、中でもキティちゃんとぐんまちゃんが大好きです。

ぐんまちゃん

ぐんまちゃんはその名の通り群馬県のゆるキャラで、2012年度ゆるキャラグランプリに於いては栄えある第三位に輝いた、業界きっての大御所でありますが、群馬県では今のようなゆるキャラブームになるかなり前から、ロイヤリティフリーでぐんまちゃんのキャラクターや商標を使用することを公に許可していたので、熊本のくまモン同様、群馬に行くとあっちもこっちもぐんまちゃん状態のため、関東が拠点のツレには目にする機会が多く馴染みやすかった、ということが大きいようです。

キティちゃんが好きな理由はイマイチ良く分からないんですが、これもおそらく日本人ならよく目にするからという理由なのでしょうか?そういや、ぐんまちゃんもどことなく80年代のサンリオキャラクターを彷彿としますよね。ゴロピカドンとか、タキシードサムとかあのへんの。

突然くまモン擁護派になったのも、熊本にいる間中視覚的にくまモンに曝され続けることで、潜在意識にくまモンが刷り込まれ、突如として可愛いにシフトしたのかもしれません。それともツレが自ら無意識下で、嫌でもくまモンばっかり見させられるんなら好きになった方が精神的に楽という自己暗示をかけたのか・・・

とにかく、突然くまモン推しにシフトしたツレは、こうして厳選し買い込んだくまモングッズを東京に戻ってから人に上げるのが惜しくなってしまい、お土産で配る分は銀座の熊本館にわざわざ後日別に買いに行ったそうです。意味ねぇ(笑)

秘境のような極端な僻地が少ない九州

休憩とお土産購入を済ませ、さらに九州道を進みます。

途中、八代亜紀の故郷八代を通過。長閑な農村風景や山並はここに来て一転、沿道には巨大な工場かコンビナートのような建物が見えて来ました。

考えてみりゃ九州って、東京や大阪からしたら最果てのような場所にありながら、どうやって日常生活を送っているのかすら謎めいている、異境のような場所は今回の旅では殆ど見かけませんでした。

内陸も、高い山が少ないせいか農地が多く、山の中もちょっと行けばすぐ町に出られるし、コンビニもあちこちにあります。

九州はそれこそ、奈良時代や平安時代から大陸や沖縄などとの貿易が盛んな地で、海上輸送や造船業などの産業の基盤が大昔からあったことや、都や海外からの人の往来も盛んだったことが、他所の地域に比べて拓けている印象を受ける要因なのかも知れません。

人吉インターにて一般道に降ります。大きなスーパーとかドラッグストアとかが通り沿いに点在していて、普通に町ですわ、ここも。全然余裕で住めます。

旅先で「こんなとこに住めたらいいなぁ」と思った経験は誰しも一度はあるかと思いますが、大抵の場合現実的にそこで生活することを考えると「やっぱ無理かぁ」となるところ、九州は結構住めそうな感じのとこが多くて本気で九州移住を妄想しそうになります。

共同浴場22カ所、源泉総数何と60以上の人吉温泉

まずは情報収集の為に人吉駅前へ。

人吉駅

人吉は四方を山に囲まれた盆地で、山の上に建つ人吉城の城下町として栄えました。街の中には素朴な共同温泉が点在し、それらを巡るのも人吉観光の人気のコースの一つ。

駅舎の中には観光案内が併設されています。街の地図と見どころがまとまったパンフレットを貰い、どこの温泉に行くか考えることにしました。

街には何と60カ所以上もの源泉があり、地域の共同浴場が22カ所、旅館やホテルの立ち寄り湯を合わせると40カ所以上の日帰り温泉があります。

駅を出てすぐの場所にあるビジネスホテルも日帰り温泉がありますが、せっかくなのでもっと風情のある共同浴場を探して行くことにしました。

人吉駅前

人吉の郷土玩具”キジ馬”とは?

ところで、人吉の駅前にはあちこちに、こんなバッタみたいな形のオブジェがあります。

キジ馬のオブジェ

これは人吉の伝統工芸品である雉(きじ)馬。雉車などとも呼ばれ、お土産物屋さんなどにも必ず置いてあります。

キジ馬キーホルダー

一見バッタやハゼみたいに見えますが、野生のキジを模したデザインなんだそうです。

室内で遊ぶこけしなどとは対照的に、キジ馬は屋外で遊ぶ為に作られ、元は子供が乗ったりして遊べるような大型の玩具だったそうです。その名残として、牽引して遊ぶ為の車輪と紐が付いているのが特徴です。

人吉温泉公衆浴場めぐり

新温泉

観光案内からバイクで数分、公衆浴場『新温泉』に到着。

新温泉外観

それにしても、空が青い・・・

新温泉外観その2
新温泉外観その3

新温泉入り口。男女で分かれていて、手前が女湯です。

新温泉入り口

この時午後13時20分、入り口に書いてあった営業時間を見ると営業開始時間は13時からということで、偶然ついさっきオープンしたばかりの時間に到着していたのですが、建物の前にはバイクが停まっていて、すでに先客があることを物語っていました。

営業時間は午後1時〜10時まで

浴室は男女別で、入り口を入ってすぐの場所には、よくある対面式の番台を180度回転させたような、入り口に背を向けたスタイルの番台が設置されていて、女性が一人店番をしていました。大人一人300円を払って中へ。

番台から脱衣場までのアプローチには扉や仕切りなどは全く無く、保健室とかによくあるスチールパイプの枠に布が張ってある、目隠しのパーテーションが立てられているだけです。

この日、女湯には私一人しか客はいませんでした。

女湯の脱衣場。昭和風の演出なのか本気なのか、もはや判別不能なこの内装。

新温泉脱衣所

手描き広告はさすがにわざとやろ?とは思ったのですが、考えてみりゃ結構最近まで映画館の大型看板も手描きだったことを考えたら、このサイズの看板なら15年くらい前だったら手描きなのは別にそんな変じゃないのか?

浴室内も、脱衣場に負けず劣らずかなりの年季の入り様です。

浴室には湯船が二つ。

泉質・温度共に両方同じだと思うのですが、片方の湯船だけ異常に浅いです。水深20センチぐらい。何なんでしょうね?寝湯?それとも赤ちゃん用?

男湯の方から、数人の男性の声が聞こえてきます。建物の前に停まっていたバイクの持ち主は男性のようでした。

それにしても、女湯空いてるなー。銭湯って開店待ちの地元の人がスタンバってて、朝イチでも結構混んでたりするんですけどね。さすがにここまで建物が古いと、地元の人より観光客向けの需要のほうが高いのでしょうか。しかし、脱衣場には常連さんのお風呂セットがたくさん置いてあったので、タイミングによってはもっと混むのかも知れません。そういや、今日はカレンダー上では平日なんだっけ。

新温泉浴室のガラス戸

ぬる目のお湯はのんびり長湯にはちょうどよい温度ですが、この後他の共同浴場にも行く予定だったので、早々に上がりました。

泉質は、無色無臭のアルカリ性単純泉です。

人吉温泉 元湯

次なる目的地は、同じく共同浴場の元湯。人吉の数ある共同浴場の中で最も古いのがこの元湯だそうです。

新温泉を後にし、球磨川に架かる大きな橋を渡ります。

新温泉から元湯は、球磨川を渡る
人吉を流れる球磨川

すると、対岸の右手に市役所のような大きな建物が見えてきました。明日明後日と何か大きなお祭のような催物があるらしく、町のあちこちにポスターが貼られて、役所の前の広場もイベントの準備でテントなどの設営が行われています。もし来たのが一日遅かったら、道も共同浴場ももっと混んだんだろうなぁ。今日来れてホントにラッキーでした。

市役所ではイベントの準備の真っ最中

元湯は、この役所のすぐ裏手にあります。

元湯は人吉市役所のすぐ近く

しかし、上の写真ではあんまり分からないかもしれませんが、人吉で一番古いという触れ込みに反し、建物の外観は屋根瓦などを除いて新しくリフォームされていました。

人吉温泉 元湯外観

何だかちょっと拍子抜け。まーでもせっかく来たんだし入り口の番台で、大人一人200円を支払い入って行くことにしました。

先に入った新温泉とは違って、元湯の方は営業時間が朝6時からということもあってかすでに何人も人が来ていたため、お風呂の写真は無しです。

脱衣場には棚がいくつか備え付けられていましたか、鍵付きのロッカーなどは無かったように記憶しています。浴室の中は中央に5〜6人ぐらい入れそうな湯船が一つあり、カランがいくつも壁に沿って備え付けられていました。

浴室も、駅前の観光案内で貰ったパンフレットの写真のイメージに比べると、かなりきれいに改装されているような印象を受けました。下の写真はパンフレットの写真。

パンフレットに載っていた元湯の写真。実際はもっと新しそうに見える

洋服を脱いで浴室の方に入ると、湯船の周りで座って雑談していた地元の人数人から一斉に「見慣れない奴が来た」という視線を感じたような気がしましたが、考えすぎかな。

浴室に入ってすぐの場所には一つだけシャワーがあったので、かかり湯をしようとシャワーヘッドを手に取ると「水しか出ませんよ!」と、その場にいた地元の人に凄い勢いで制止され、あーそうなのねと、湯船のお湯でかかり湯をしていると、別の常連さんが「良かったら石鹸使いますか?」と、手ぶらの私を見て声をかけて下さいました。

さっきも温泉に入ったばかりだったし、石鹸はいいですと辞退しましたが、後々考えたら逆に石鹸で体を洗ってから入って欲しかったのかも…

こういう書き方するとまるで元湯が排他的で観光客は居づらい雰囲気の様ですが、実際はそういうことは全く無くて、私よりもっと社交的な人だったら、地元の方々との会話に花が咲いて楽しい思い出になったとか、むしろそういう評価になったのかもしれません。

ただやはり、元湯より新温泉の方が建物が古くて趣があるので、観光客的にはオススメかもね。

元湯のお湯はやや熱めで、5分ほど入ってすぐ上がりました。泉質はナトリウム-炭酸水素-塩化物泉。単純温泉じゃないんだ。

九州といったら、やっぱり豚骨ラーメン

元湯を後にし、ではでは次なる目的地へ。

ところで、今回立ち寄り先に人吉を選んだのには温泉以外にも理由があって、それというのもツレは大変にラーメンが好きなのですが、行きのフェリーの中からずっと「本場のとんこつラーメンが食べたい」と言っていたのにも関わらず、いざ到着してみるとお昼のラーメンを食べるのに適した時間帯にラーメン屋がありそうな場所へ全くといっていいほど行けなかったので、今回はツレにラーメンを食べさせてあげたい!ということで、飲食店がそれなりにありそうな人吉温泉を目的地にしたのでした。

とは言っても、人吉に目当てのお店があるわけではなく、よく読んでる九州の温泉ブロガーさんが人吉に来たら必ずチャンポンと餃子を食べるとかブログに書いてたので、中華料理店が人吉は多いのかな?と勝手に思って来たのですが、お店は多い割に思ったほど日中やってる飲食店自体が少なく、ラーメン屋や中華料理となると、メインストリート的な煉瓦敷の通り沿いをバイクで往復してみるも、五軒かそこらしか見当たりません。

人吉の商店街

全体的に決め手に欠けるフツーのお店ばかりの中で、新しい外装のラーメン屋が一軒だけ目を惹きました。表から若い店主らしきが厨房にいるのがちらっと見えましたが、ピカピカのスタジオ風のキッチンに違法改造バイクみたいなファイアーパターンがあしらわれた店構え、店主は大勝軒の親父みたいなタオルの巻きで腕組みして写真に撮られちゃいそうな感じで、おそらく人吉に来てラーメン食べるなら目新しさでいったら一番にココだろ?という感じの店なのですが、見るからにツレが毛嫌いするタイプのお店だったので今回は敢えてスルー。

近くにあった如何にも昔ながらのラーメン屋という雰囲気のとんこつラーメン竜というお店に落ち着きました。

創業35年の老舗ということですが、そういや後から写真で見ると、暖簾に『創業三十五年』って印刷されちゃってますね。暖簾なんてそうそう頻繁に新しくするもんじゃないし、果たして私たちが行った時は本当にキッカリ35周年だったんでしょうか?まぁ、だいたいそれくらい長くやってます、ってことで。

店内はカウンターがあるだけでめちゃくちゃ狭いです。7人ぐらいが関の山といった感じ。しかし買い被りすぎかも知れませんが、見るからに「こういう感じのお店の方が安定して旨い」という雰囲気を漂わせていました。

ラーメン竜の店内

一番スタンダードなラーメンを注文。すると、出てきました!まるでミルクのような真っ白なスープのとんこつラーメン。

ラーメン竜の一番スタンダードなラーメン

このラーメンを見た瞬間、ラーメンを食べずして何が九州旅行か?という感じさえしましたねぇ。これぞ豚骨ラーメンという感じ。

真っ白なこれぞ豚骨ラーメン!という感じのスープ

味はいろんな意味で普通です。別にわざわざ人吉まで食べに来るような特別な物では決してありませんが、味・見た目共に私の中の『ザッツ・九州の豚骨ラーメン』というイメージにピッタリなラーメンでした。

先程前を通ったラーメン屋の方が「おっ!これは?」というラーメンが食べられたのかも知れませんが、余所者的には珍しいものよりその土地らしい物の方が食べたいのであって、さっきの店は行ってないんでどんなラーメンなのか分かりませんが、店構えから察するに二郎インスパイア系とか大勝軒系とかだったら、わざわざ九州に来てなんで東京でも食べられるモン食わなならんねん・・・ってなってたかもしれないと思うと、今回の選択はまぁまぁよかったんじゃないかなぁ〜と思いました。

後日、ここの店の口コミをネットで調べてみたところ、スープの味を評してうまかっちゃんのスープにそっくりと書いておられる方がいました(笑)あ〜、そう言われてみればそんな感じかも?つーか、昔うまかっちゃんって九州以外の地域でも売ってたのに、気がついたらまた九州限定になっちゃいましたね。チェッカーズの高杢 がCMやってたのが懐かしい。随分長い間うまかっちゃん食べてないんで、どんな味だったかハッキリとは思い出せないのですが、まぁそれだけスタンダードな味ってことでしょう。

ごちそうさまでした、また来ます。

国宝 青井阿蘇神社

おなかいっぱいになったので、最後に国の文化財である青井阿蘇神社にお参りして行くことにしました。

神社の前の蓮池にかかる禊(みそぎ)橋。

青井阿蘇神社の禊橋

ですが、参拝者用の駐車場がこの橋より神社側にあるので、車で来た人はたいがいこの禊橋を渡らず鳥居をくぐってしまうと思われます。

青井阿蘇神社の蓮池

みそぎ出来てねぇ・・・

池には錦鯉がたくさん泳いでいて、池のたもとには有り難そうな木の箱に入ったコイの餌100円。

賽銭箱みたいなのに入ったコイの餌

元はこの池か橋か鳥居だかに対する賽銭箱だったのかなぁ?と思うのですが、今はそれがコイの餌という風に名目が変わってしまったのでしょう。

蓮池にたくさん生息するコイ

国宝 楼門は他に類を見ない人吉様式

鳥居を入ったすぐの場所には、国宝に指定されている楼門があり、ここで記念撮影が出来ますよっと。

国宝の楼門

屋根の茅葺きなんかは神社っぽいですが、元はお寺の山門だったんでしょうね。今は門の左右には、仁王像の代わりに随身と呼ばれる身分の高い人の身辺警護をしていた近衛兵の像が安置されていました。

随身1
随身2

この楼門にあしらわれた装飾は、全国で類例を見ない人吉様式という人面が取り付けられていて、天井には龍の絵が描かれているらしいですが、その時はこの門がそんな珍しい物だとはつゆ知らず、適当に記念写真を撮って通過してしまいました。残念・・・

下の画像は青井阿蘇神社のホームページより。

楼門の人面その1
楼門の人面その2

本殿。

青井阿蘇神社本殿

境内はそんなに広くはありません。おまけに、敷地の半分近くを占める旧大宮司の屋敷は「文化苑」と名付けられ拝観は一般300円。

青井阿蘇神社目当てで来たのなら、決して躊躇するような金額ではありませんが、ついでに寄った程度の私たちとしては、金払ってまではちょっとなぁ〜、と言う感じで、今回は無料で参拝出来る範囲内で引き返しました。

ちなみに文化苑の建物は、西南戦争の時に薩軍の宿舎となったこともあるそうです。

ではでは、青井阿蘇神社を後にしますかね。駐車場に向かう途中、神社の外壁の一画に、何やら物々しい砲台のような石垣が。

神社の外壁に物々しい石垣が

って、これは祝祭日に国旗を掲揚する為の台らしい。そっか〜、神社だもんな。しかしまぁ、国旗掲揚すんのにこれまた凄いもん作ったな。

石垣の上には旗を掲げるポールが立っている

そういや、写真撮って来なかったですが、青井阿蘇神社は境内に物凄く大きくて綺麗なニワトリが何羽か放し飼いになっていて、今回この記事を書いていてふと「あのニワトリ何であんなとこで飼われてるんだろう?」と思って調べてみると、ニワトリは神の使いとされる動物の一つで、御神鶏と称して神社の境内でニワトリが飼われるのは結構普通のことらしいです。

へー、そうなんだ。一つ賢くなりました。

では、そろそろ人吉を後にし再び高速に乗って、鹿児島県の霧島に向かいます。例によって宿は全く決まってませんが、はたして今宵の宿は取れるのでしょうか??

・・・つづく

人吉温泉観光協会

住所:熊本県人吉市西間下町118-1

Tel:0966-22-1370

URL:http://hitoyoshionsen.net/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-九州, 熊本県
-, , ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!