新ブログ「べっぷ移住物語」

東北 福島県

飯坂温泉の隠れた名物・飯坂餃子と外湯巡り

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

蔵王方面からの帰り道、高速に乗る前に飯坂温泉に立ち寄って行くことに。

一旦上がっていた雨が、飯坂温泉に近付くに従って再びポツポツと降りはじめました。今日は何だか、一日じゅう雨雲と一緒に移動してるみたいだなぁ〜

果樹園などの農地が広がる一帯を走って行くと、ナビの案内は住宅街の中を指しています。

飯坂温泉の周囲は住宅街

大きな温泉街があるような雰囲気には到底思えないのですが、ナビに従い住宅街の狭い路地のような道を進んで行くと、突然橋が現れました。

住宅街から橋を渡ると、突然温泉街が広がっていた

川を渡ると、そこは突如として広がる巨大な温泉街。こんな住宅街の中にあっても、さすが奥州三名湯に数えられるだけあって、いくら人が来てもいっぱいになることはないんじゃないかと思うほど、たくさんのホテルや旅館が立ち並んでいました。

飯坂温泉

松尾芭蕉も入った歴史ある外湯『鯖湖湯』

飯坂温泉に来たらぜひとも行ってみたいと考えていた最初の目的地は、鯖湖湯という外湯です。何と、松尾芭蕉も入ったと言われている、歴史のある温泉です。

外湯の案内ぐらい出てるんだろうと思っていたのですが、飯坂温泉には鯖湖以外にも8つも外湯があり、加えて予想外温泉街の道がかなり入り組んでいるので、ナビの目的地を鯖湖湯に設定し直して再出発。

下の写真はその外湯の一つである波来湯(はこゆ)。飯坂温泉駅前にあって、近年になって新しく作られた建物です。

波来湯(はこゆ)外観

階段の多い飯坂温泉街は、カーナビも無意味

温泉街の中の路地のような細い道を走って行くと、ナビが案内する先はどう見ても行き止まり(笑)ちょっ、無理言うなよ~!

車を降りてみると、行き止まりではなくてその先に細い階段がありましたが、飯坂温泉の中は安物のナビだと車が通れないような道を案内してきたりすることが頻繁にあるので要注意ですね。


どうにか鯖湖湯に到着。建物の裏には、かなり広い駐車場があって、車の置き場所に困ることはないので安心です。

鯖湖湯

ちなみに、この駐車場は公共の物ではなく、個人宅の敷地内にある時間貸しの有料駐車場なのですが、よくあるコインパーキングとかではなくて、隣にある持ち主宅の玄関ポストに100円/hを自主的に入れるという、多大に利用者の良識に依存した、野菜の無人販売みたいなシステムになっています。ではではポストに100円を入れて、鯖湖湯に向かいます。

外湯としてはかなり大きな建物で、ベースの建物はかなり古いとは思いますが補修は最近になってからされたように見えます。

鯖湖湯入り口

浴室は男女別で、番台の中の人に券売機で購入したチケットを渡して、浴室に入ります。

鯖湖湯女湯入り口

番台脇には、浴室内部は撮影禁止との注意書きがあちこちにされていたので、今回は写真は無し。お客さんもいたので、どっちにしろ無理だったろうけど。

鯖湖湯内部は撮影禁止

浴室に入るとすぐの場所に、木製のこれまた年代物っぽいロッカーが整然と並んだ脱衣所があり、脱衣所から浴室へ向かうアプローチの間には、扉や仕切りなどが全く無い広々とした空間が広かっていました。天井も二階建ての吹き抜けぐらいの高さがあって、蒸気は全て上に昇って行ってしまうのか、湿気はそれほど感じません。

鯖湖湯天井

鯖湖湯は加水推奨がうれしい、観光客優先の外湯

飯坂温泉というと、お湯がめちゃくちゃ熱いのは有名ですが、鯖湖湯は『観光客の為に、熱すぎる時は水を入れて、42度ぐらい保って下さい』といった内容の貼り紙がされていて、水の出るホースが備え付けられているので、熱いお風呂が苦手な人にも安心ですね。

通常、お風呂は40度ぐらいが適温というのは常識ですが、昔ながらの温泉や銭湯には、暗黙のルール的にどんなに熱くても、地元の常連が水を入れるのを絶対に許さないような場所も多々あるので、貼り紙で水を入れるのを公認してくれているのは、観光客的には非常にありがたい心遣いです。

しかし、この時は女湯は人が少なかったせいか、特に温度調節はされていなくて、せっかくの貼り紙も全くの無意味で多分湯温は50度近くあったんではないでしょうか。

完全に熱いお湯に耐性が出来てしまっていた私なので、「エイヤッ」と気合いを入れて肩まで浸かったら意外と平気でしたが、次に来る人のために、一応私が入っている間だけは水を引いておきました。

少々水を足したぐらいじゃどうにもならない温度だったのですが、出しっぱなしにして今度はぬるくなりすぎても何なので、一応上がるときにホースは丸めておきました。

見た目は無色透明で、匂いもヌルヌルもありません。泉質はアルカリ性単純温泉。

そういえば、原発事故の時は繰り返し放射性物質の名前があちこちで聞かれましたが、あまりにもバカバカしいのでほとんど聞き流していて忘れてましたけど、ラジウムが含まれている飯坂温泉が風評被害でうんたら…って話ありましたよねぇ(^_^;)


鯖湖湯の傍らには、温泉の源泉でお湯を分配する装置の湯沢分湯槽の木造の塔が立っています。

そして、その横には湯神社が。

鯖湖湯脇の湯神社

歴史情緒溢れる飯坂温泉の町並み

駐車場に戻る前に、ちょっと周囲を散策。

温泉街は超古そうな建物が立ち並んでいました。写真撮ってくるの忘れましたが、土蔵や古民家をリメイクしたカフェがあったり。

何と三味線の工房が!三味線ってこんなとこで作られてるんですね〜。

鯖湖湯近くの三味線工房

温泉街の芸妓さん相手のお店なんでしょうか。中に人がいる時は、作ってる様子が見れるのでしょう。この日はちょうどお昼時だったので、お昼休み中だったのかな?

店の中には作りかけの三味線が

少し裏道に入ると、細く入り組んだ路地や階段がまるで迷路のようです。

温泉街の裏道は階段がたくさん

飯坂温泉外湯めぐり〜切湯〜

駐車場に戻り、当てもなく車で温泉街をグルグル周っていると…

切湯入り口

おおお!何か凄いとこにある外湯発見!

全部が切湯のお客さんなのかは不明ですが、周囲には路駐車両があちこちに停まっています。

小屋でお金を払い、さぁお風呂は?と受付の横にあった扉を開けると…

この小屋が切湯の受付

ありゃ?これは倉庫?

すると、受付の窓からおじさんが顔を出して、お風呂はずっとこの下だよ、とのこと。

えぇぇ?この下?

切湯はこの下?

最初、車道の方からこの小屋が見えた時は、とんでもないとこに外湯があるんだなー!と思ったのですが、実際はある意味もっと凄い場所にありました。

切湯の入り口は、ビルの地下みたいなとこにあった!

中に入ると、六畳間ぐらいの脱衣所は、これからお風呂に入る人と今上がって帰り支度をしている人でいっぱいでした。

脱衣所の設備は、コイン式のロッカーが数台あるだけです。ヘアドライヤーも無いので、天井近くに取り付けられている扇風機のコンセントから強引に自前のドライヤーの電源を取るのに、椅子の上に立ち上がって髪を乾かしている人がいました。

多分、皆さんほとんど地元の方ばかりなのだと思うのですが、私が中に入ると「こんにちは」と声をかけて下さり、観光客にも入りやすい施設だと思いました。

浴室には、五人も入ればいっぱいの小さな湯船が一つ。

源泉は、ちょうど川を渡った反対側にある波来湯(はこゆ)からで、こちらも無色無臭の単純温泉。鯖湖湯同様、激熱の50度手前です。浴室にも人がたくさんいましたが、ほとんどはお湯には浸からず湯船の周りにへたり込んで、体が冷えるのを待っているようでした。

再び気合いを入れて、エイヤッと何とか湯船には浸かりましたが、温泉が勢い良く注ぎ込まれる注入口付近は、私には近づけないほど高温になっていました。

地元の方が気をきかせて下さったのか、水を入れ始めてくれましたが、数分やそこらでどうにかなるようなレベルでもなく…

こちらは鯖湖湯と違い、加水推奨の貼り紙などは確か無かったと思うので、部外者が勝手に水を入れるのはかなりはばかられる雰囲気です。熱いのが苦手な人にはあまりオススメ出来ないかも知れません。

隣に人が入ってくると、激熱のお湯が波になって押し寄せて来て、思わず「フォォ…!」ってなります。熱いの通り越して痛い!

でも、飯坂温泉の痺れるような温泉は、繰り返し入ると不思議と癖になりますね。いいお湯でした。

切湯前の謎の建物の跡

風呂上がり、お風呂がある建物を出ると、階段脇のビルとビルの間にはかつては何か建物があったのか、両方の壁にきれいに三角屋根の形に、ペンキの塗り残した跡がついていました。

切湯の受付前には、かつては何か建物があった様子
きれいに家の形に塗り残されたペンキ跡

調べてみると、かつてはここに小屋のようなのがあって、何に使われていたかは不明ですが、ひょっとしたら元はこっちが外湯の建物だったのかも・・・?

飯坂温泉一押しグルメ『飯坂餃子』

飯坂温泉は実は餃子が名物というのは、世間的にはどの程度認知されているんでしょうか。

私はSNSで飯坂温泉にある旅館のアカウントを偶然フォローしていたので、無意識に飯坂の餃子の話題は繰り返し目にしていて、当たり前のように「飯坂温泉に行ったら、絶対餃子を食べるぞ!」と決めていたのですが、ツレにその話をすると、「えー、でもそんなに餃子推してるように見えないけど…」

確かに言われて見ると、今まで通った道にラーメン屋や中華料理屋などがあった記憶ないかも。

とりあえず、ちょうど昼時なのでどんなもんかは分かりませんが、飯坂名物の餃子を食べてから帰路に着くことにしました。smallarrow飯坂餃子マップに載っていた保原屋をナビの行き先に指定して、店の前まで来てみると…

素朴すぎる飯坂の隠れた人気店『保原屋』のパリパリ餃子を食す

知ってなきゃ絶対立ち寄ろうとは思わない、このフツーの中華料理屋というか食堂というか。

保原屋外観

中に入ると、座敷とテーブル席が数席。しかも、メニューはラーメンとうどん蕎麦ですよ。こんな店に、ホントに飯坂を代表する絶品グルメがあるのでしょうか。

保原屋店内

机の上には、件の餃子をオススメする案内が。

餃子はこれで二人前だそう

お店の人によると、この写真の量で二人前なんだそう。この日は朝ごはんを食べ過ぎてそんなにたくさんは食べられなさそうだったので、餃子一人前とラーメン一杯を二人で分けて食べることにしました。

smallarrow飯坂餃子マップによれば、保原屋の餃子は注文を受けてから皮に包んで焼き始めるそうで、この時はお店のおかみさんとそれまたお母さんぐらいの年齢のおばあちゃまの二人しかいなかったので、今から作るなら出てくるのにちょっと時間かかるのかな?と思いきや、結構すぐ出てきました。

これが保原屋の餃子だ!

これが飯坂名物、保原屋の餃子でございます。おつまみ餃子のような、小振りなサイズ。めちゃくちゃ旨そう〜!これは期待以上!

皮は、普通の餃子みたいに波形にしっかり合わせているのではなく、簡単にクルンと巻いてあるだけなのですが、それがまたカリカリの香ばしい食感のアクセントになっていて、ビールでもあれば一人で二人前ぐらい軽くイケちゃいそうです。

まさかこんな観光地の古びた食堂で、これほど個性的で美味しい餃子が出てくるとは!飯坂名物はさすが伊達じゃないです。

飯坂・保原屋の餃子の中身

具は白菜かな?

他のお店に何か共通の食材や作り方があるのかは不明ですが、今度また飯坂来ることがあれば、他のお店と食べ比べてみたいと思いました。

一緒に頼んだけんか祭りラーメンに、これまた飯坂名物で町のあちこちで売っているラジウム卵をトッピング。

ラーメンも超美味しかったです!ラジウム卵は、まぁ予想通り普通の温泉卵でした。

飯坂名物ラジウム卵

飯坂温泉、近いうちに泊まりで来たいなぁ~。外湯も楽しかったし、割りと安い宿も沢山あるみたいだったので、素泊まりで外湯や食べ歩きを愉しむのもいいなぁ、と思いました。

飯坂温泉 保原屋へのアクセス

住所:福島市飯坂町字東堀切11

Tel:024-542-4348

URL:http://www.dip-mpm.com/i-gyouza/hobara/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-東北, 福島県
-, , , ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!