新ブログ「べっぷ移住物語」

九州 熊本県

お湯だけはいい?阿蘇内牧温泉唯一のビジホ”五岳ホテル”

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

日本一恥ずかしい露天風呂で有名な満願寺温泉を後にし、次なる目的地は阿蘇内牧温泉という、与謝野晶子や夏目漱石も訪れた由緒ある温泉地です。

満願寺温泉を後にすると、雨は益々激しく降り始めました。

満願寺を後に、山道に入るとますます雨脚は激しくなる

バイクは再び山の中へ。標高が上がるに連れ、道の両脇にうっそうと繁る木々は次第にまばらになり、山頂は広大な牧草地が広がっていました。

標高が上がるにつれ木々がまばらに
山頂付近は広大な牧場

ジャージー牛みたいな赤っぽい毛色のウシがたくさんいます。最近テレビでよくCMやってる阿蘇の赤牛ってこれのことかな?

赤毛の牛が雨の中草を食んでいました

私がカメラを向けると、気配を察知してこっちをガン見する牛。(こんな雨の中何こいつバイクなんか乗ってんの?)って思われてる感じするわ・・・悪かったなっ!お前らだって、雨の中草食ってるなんて充分変じゃねーか!

実は阿蘇には阿蘇山という山はない

これから向かうのは、阿蘇にツーリングに来たら誰もが必ず立ち寄ると言われる大観峰展望台。大観峰とは今までずんどこ登ってきたこの山の名前で、阿蘇の外輪山の北部で最高峰にあたる山だそうです。

”阿蘇”というのは、火口のある中岳を中心とした巨大カルデラとその周囲を取り囲む山々を総称した呼び名で、『阿蘇山』という山が実際にあるわけではないんですね。

グーグルマップで見た阿蘇の地形図

グーグルマップでは中央の中岳に『阿蘇山』と記されていますが、概ね世間で”阿蘇山”というと、火口があって阿蘇の中心部にあることからかこの中岳を指す場合が多いようです。地形図で見てみると、中岳を中心にカルデラの周りをぐるっと山地が取り囲んでいるのがわかりますね。Aと書かれたポインターが当たっている場所が大観峰展望台です。

つってもこの天気じゃ、展望台に登っても何にも見えないでしょうけどね、まぁ行きましたよって人に言う為に一応寄っときますかね。

一応大観峰展望台にも行っときますか

展望台に到着。

大観峰展望台に到着

まぁこんなこったろうと思った・・・

雨でほとんど何も見えず

展望台からは、広大な阿蘇のカルデラに広がる田園地帯と中岳、そしてそれを取り囲む外輪山が一望のはずなんですが・・・ほんとに天気がもっとよければなぁ。

案の定展望台からは何も見えず

阿蘇カルデラの田園地帯にたたずむ阿蘇内牧温泉

展望台を後にし、先程眼下に見えたカルデラの底に向かってどんどん山道を下って行きます。

カルデラの底に向かってどんどん下って行く

平地に降りて来るとすぐに、通り沿いに阿蘇内牧温泉の案内が見えてきました。

案内に従い国道から脇道に入ると、川沿いを走る道は住宅地の中に入って行きます。案内が示す先には大きな建物等の影はほとんど見えませんが、果たして阿蘇内牧温泉とはどれぐらいの規模の温泉街なのでしょう。

阿蘇内牧温泉の温泉街

しばらく走ると、通り沿いにちょっと立派なホテルが建っていました。ホテルの入口にはタキシードを着たボーイさんが立っていて、値段もそれなりにしそうです。

そのホテルはやり過ごして旅館案内などが無いか探していると、小さな飲み屋や薬局などの個人商店が数軒集まった商店街のような場所に、タクシーの営業所がありました。表にいた運ちゃんに旅館案内の場所を尋ねると、「川沿いのパナソニックにしかないよ」とのこと。

その場はお礼を言って立ち去ったのですが、しばらくしてからよくよく考えると、何で観光案内がパナソニックに?

よくわかりませんが、タクシーの運ちゃんの話では観光案内は今私達が来た方向にあるようなので、とりあえず道を引き返し、ガソリンスタンドにて給油&情報収集です。

スタンドのレジ脇では五月にも関わらずストーブが焚かれていて、「急に寒くなって大変ですねぇ」などと従業員さんと話をしながら、周囲の安い宿でオススメを聞いてみると、やはり一番初めに挙がったのは阿蘇内牧温泉に一軒だけあるライダーハウスでした。

阿蘇内牧温泉に一軒だけある『ライダーハウス』とは?

手持ちのツーリングマップルには、地図上に大きな赤い字で阿蘇内牧温泉の名前が書いてあるのですが、それはこの温泉地の規模に加えて、温泉街にライダーハウスがあるからだと思われます。

ライダーハウスとは、バイカーやチャリダーに特化した格安の素泊まり宿のことで、バックパッカー向けのゲストハウスと同じような物ですが、その多くが普通の民家などを転用して営業しているため、駅前や繁華街からかなり離れた場所にある場合もあります。

また町中にあったとしても、夜までやっている飲食店が近くにないと、食事が自炊かコンビニ弁当になってしまうこともあり、家にいる時はたいてい自炊かたまにやる気のない時はコンビニ弁当という生活を送る私としては、いくら安くつくからと言って旅先でまで普段と同じ食生活を送るのは、できればなるべく避けたい事態。

また、大きな温泉街にあるライダーハウスの場合、実はライダーハウスと同じぐらいの値段の民宿やビジホも探せば近くにあったりして、蓋を開けてみればわざわざ不便なライダーハウスに泊まるメリットはあんまり無かったとか、そういう結果にならないとも限りません。

温泉街にあるビジホは、地元の人いわく『お湯だけはいい』らしい

他のオススメはといえば、ライダーハウス以外だと、スタンドの近くにあるビジホはお湯だけはめちゃくちゃいいそうで、従業員さんもそこにはよくお風呂だけ入りに行くんだとか。「お湯だけは」ってのをめちゃくちゃ強調して何回も言っておられました。

えー、お湯だけなのか〜。まあでも、お湯だけでもいいんだからまだマシだよね。

内牧温泉には外湯が何ヶ所かあり、見た感じ居酒屋など夕飯が食べられる店も結構あって、仮に素泊まりになっても何ら困ることはなさそうなので、とりあえず観光案内で内牧温泉にあるホテルの空室状況と料金を聞いて、ライダーハウスが圧倒的に安ければそっちに行こうという話になりました。


タクシーの運ちゃんに教えてもらった通り、川沿いの車道というか土手のような細い道を進んで行ったものの、パナソニックもそれらしい建物もありません。えー、どこのこと言ってんの?

そうこうするうち、大観峰から降りて来た時に通った国道に出ました。

国道沿いには、最初に通った時にもちょっと気になっていたウッドハウスのような外観の木造の建物が建っていて、今まで見たどの建物よりも観光案内っぽい・・・

ただ、問題はパナソニックとはどこにも書かれていないところなのですが、もう他に心当たりも無いので、ダメ元でその建物の中に入ってみると、やはりこれが観光案内でした。

しかし、運ちゃんの言ってたパナソニックって何の事だったんでしょうね?ここ以外にも旅館案内とかが別にあったのか、それともパナソニックとしか聞こえなかったけどホントは違うことを言っていたのか?

カウンターの女性が、ずぶ濡れの私たちの為に清潔なタオルを用意して下さいました。

雨の日の夕方とか、ライダーやチャリダーは相当心折れまくってますからねー。こんな小汚ない一見客の為に、暖かな心遣いが冷えた体に染み入りますわ…

タオルを用意して下さった女性に、なるべく料金が安い宿を、という条件を伝えると、先程のガソリンスタンドの人が「温泉だけはいい」と言っていたビジネスホテル五岳ホテルをオススメされました。

夕食と朝食も付くそうなので、値段も安いし温泉もいいんなら、古いビジホでもそう悪くも無いよね。

土砂降りでもキャンプをしたい人はいるらしい・・・

観光案内で五岳ホテルに予約の電話を入れて貰い、再び雨の中ホテルまで走る準備をしていると、ライダーが一人キャンプ場の場所を尋ねにやって来ました。

ひぇ~、キャンプツーリングだからって、何もこんな大雨の日にまで…と思いましたが、やっぱりキャンプしたい人にとっては、雨でもビジホにしようとかそういう気分にはならないもんらしい。

阿蘇内牧温泉唯一のビジネスホテル『五岳ホテル』

観光案内で温泉街の地図を貰い、五岳ホテルを目指します。先程も一度通った道ですが、阿蘇内牧温泉は普通の住宅街の中にホテルが点在しているような感じの温泉街で、はっきり言って風情とか情緒などは全くありません。地形も平坦なので、展望風呂や景色のいい露天風呂を望むなら、なるべく大きいホテルにした方がいいでしょう。

阿蘇内牧温泉の周囲は住宅街

しかも、ツーリングマップルにデカデカと表示されている割に宿は数えるほどしかなくて、価格帯もピンキリとは行きません。五岳ホテルは唯一ぶっちぎりで安いですが、それ以外は一万円前後から上のとこがほとんどのようでした。あとはライダーハウス。

五岳ホテルに到着。今回は大雨で宿の外観などは撮影して来ませんでしたが、玄関前には何台も車が停まっていて、古いビジホでもこれだけ安ければやはり人気はあるようです。

ビジホなのに部屋に冷蔵庫の無い五岳ホテル

チェックインを済ませてお部屋へ。

部屋もよくある古めのビジネスホテルです。ツインベッドの部屋の設備はトイレ付きのユニットバスとエアコン、そして32インチぐらいの新しい薄型テレビが一台ありました。しかしビジネスホテルのくせに部屋には冷蔵庫が無く、通路にビールの自販機が一台だけありましたが全然安くないし、宿泊料金安い代わりに酒は施設内の割高なの買ってくださいねって?やだわー、露骨だわ〜

今日は前の宿で持ち込み用に買ったビールが何本か余っていたので、それらも全部呑んじゃって荷物減らす予定だったのに…

おまけに、散々雨に濡れて着ていたものも湿っているし、そろそろ洗濯物も溜まってきていたところだったので、「ビジホだったらコインランドリーもあるしちょうどよかった」と思っていたのに、建物の中をあちこち探しても洗濯機やコインランドリーの案内も見つからず…

くっそー、ビジホの定義って何なんだよー。ビジネスで長期滞在出来るのがビジホじゃねーのかよぉ?

ちょっとムカつきながら部屋に戻ると、ビジホらしい設備は全然無いくせに、何故か部屋のドアだけはいっちょ前にオートロックで、ツレが風呂に行ってしまっていた為一人部屋の外に締め出されてしまったことが判明。

何やねん、ムカつくなー(#・∀・)

五岳ホテルのお風呂は、お湯だけでなく浴室もいい!

フロントに人を呼びに行って開けてもらい、今度は忘れず鍵を持って、お湯だけはいいという温泉へ。

全体的に古さが目につく建物や客室に比べると、浴室はかなり綺麗で広いです。湯船は5〜6人以上入れる広さで、カランは4台ぐらいあったと思います。

「お湯だけは」とか散々聞かされてたのでもっとボロイのを想像してたんですが、思ったより遥かに良い感じですね。確かにこのお風呂なら私も近所にあったらしょっちゅう来ちゃうかもしれません。

五岳ホテルは宿としての歴史は実は約80年とかなり長く、浴室にあった張り紙によると、源泉かけ流しを守る為にあえて小さな湯船にしているんだとか。

五岳ホテル浴室の張り紙

泉質は単純泉と芒硝泉(ナトリウム-硫酸塩泉の古い呼び方)の二種類あるそうで、こんなビジネスホテルにかけ流しにできる源泉が二つもあるなんて、前を通っただけじゃ絶対想像もつかないでしょうね。大浴場のお湯は少し黄色っぽいので、芒硝泉の方かな?

大浴場のお湯は少し黄色っぽい

しかも何と!五岳ホテルには、この大浴場の他に家族風呂が何と二つもあります!

内湯の奥の扉から外に出ると・・・

内湯の奥にある扉を開け外に出ると・・・

語学ホテル

木造の洒落た家族風呂のスペースが出現!何これ?想像以上にゴイスーなんだけど。

ちょっと狭いですが、中もめちゃくちゃ綺麗です。24時間利用できるのもいいですね〜。

五岳ホテルの家族風呂はちょっと狭いが新しくて綺麗

うーーん、ガソリンスタンドの人が言ってた「お湯だけはいい」って、こういうことか・・・

五岳ホテルの食事の熊本郷土料理といえば・・・

夕飯。ビジホなので、そんなに変わったものは出ません。唯一熊本らしい物と言えば、ひと切れだけ付いていた辛子レンコンぐらい。

熊本といえばからしレンコン

おかずのお皿に温泉まんじゅうが乗っていたのは、この辺ではまんじゅうがおかず扱いなのか、それとも単純に空いてるとこに盛っただけなのか?

しかし、部屋に冷蔵庫がないと散々文句は言いましたけど、結局夕食の時に食堂で生ビール飲みまくって部屋ではほとんど飲みませんでした。給仕係をされてたおばちゃん達は、近所の農家のお母さんという感じのテキパキとして気さくな方々ばかりで、食事内容以上に気持ちのよい接客に大変満足した私たちなのでありました。

納豆があまり食べられない関西に於いてぶっちぎりで消費量が多い熊本

朝食も普通でした。ただ、前の宿では出されなかった納豆が朝食に付いてきたのは、さすが全国的に見ても納豆の消費量が多いと言われる熊本だなー、と思いました。

東北の震災の時に、関東地方は北関東や東北の納豆メーカーが片っ端被災してしまい、その時期だけ西の納豆王国熊本からはるばる納入していたスーパーも多かったそうです。うちの近所は数ヶ月間納豆は全く店頭に並びませんでしたが。

以降関東でも熊本産の納豆の知名度が高まって、最近は東京でも熊本の納豆はスーパーに普通に置いてあるので、不謹慎ですけどビジネスチャンスってどこでどう転がってるか分からんもんですねぇ、ホント。

関東と熊本の納豆の違いは、タレが熊本の方がドロっとして甘いことと、辛子が付いてないことでしょうか。関東の納豆のタレが麺つゆだとしたら、熊本のは蒲焼のタレとかそんな感じ。

あと、メーカーや商品にもよるかもしれませんが、熊本の納豆は豆がめちゃくちゃ柔らかく煮てあって、歯ごたえとかほとんどないようなフニャフニャの食感の物も多かったように思います。


朝食後家族風呂に入りに行くと、昨日散々探して見つからなかった洗濯機が家族風呂の前にあるのを発見。冷蔵庫が無いぐらいだから、てっきり洗濯機も無いもんかと思ったけど、何だよ、こんなとこにあったんだ…こんなことならホテルの人に聞きゃ良かったorz

洗濯機は結局あったので、五岳ホテルでダメなところといえば冷蔵庫が無いことぐらい。あとは払拭しがたい建物の古さかな?まぁ、それはどうしようもないですが、古さに加えて箱庭やもう使われていない宴会場に、ホコリの被ったゴルフバックやダンボール箱が積み重ねて置きっぱなしになっていたり、共用スペースに宿の人の私物が置いてあったり、お風呂の方に比べるとだらしない印象も受けますが、値段を考えたらよくある古いビジホの範疇なので、それほど不満は感じないレベルかと思います。


五岳ホテル、通路にカラーボックスとか置きっぱなしでインテリアセンス皆無

でもやっぱり、ビジホなんだから共用のでもいいので、もうちょっとマトモなちゃんと冷える冷蔵庫は置いて欲しいなぁ。

ではでは、チェックアウトを済ませて今日は阿蘇山の火口を目指します。そういえば、五岳ホテルのお湯が結構良かったから、外湯どこにも入りに行かなかったな。ま、いっか。・・・つづく

阿蘇内牧温泉 五岳ホテルへのアクセス

住所:熊本県阿蘇市内牧264

Tel:0967-32-1151

URL:http://gogaku-hotel.com/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-九州, 熊本県
-, ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!