新ブログ「べっぷ移住物語」

九州 熊本県

阿蘇といえばやっぱり中岳火口見学

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

阿蘇内牧温泉を後にした二人。次なる目的地は阿蘇山の火口ですが、阿蘇山というのは、実は中岳と周囲を取り囲む火山群を総称した名前で、阿蘇山という山がある訳ではありません。

カルデラ中央の中岳の火口はすぐそばまでマイカーで行くこともでき、九州を代表する人気の観光スポットとなっています。その為、阿蘇山というとこの中岳のことを指す場合が多いようです。

中岳火口の展望台は西側と東側の二カ所ありますが、それぞれ麓からのルートが全く違うので、どっちがいいのかよく分からなかったのですが、何となく勘で西側に行くことにしました。

中岳の火口は西と東で全然麓からのルートが違う

見渡す限り続く水田地帯は、阿蘇山のカルデラの底面に広がっています。

阿蘇の田園地帯

まるで月面のクレーターのように、ぐるっと周囲を山に囲まれている阿蘇盆地は、夏ともなれば熱がこもって相当気温が上がりそうです。

もはや郷土のスター”くまモン”

途中立寄った道の駅阿蘇にてトイレ休憩。

第一回ゆるキャラグランプリで優勝して以来、くまモンの知名度はすっかり全国区になりましたが、地元熊本ではさらに余所者の想像を超越した大大大フィーチャー!

熊本県内、あっちもこっちもくまモンだらけ!

あっちもこっちもくまモン、くまモン、くまモン!もはや郷土のスター松山千春とか新沼謙治状態。いやもっとか。

とにかく、空いたスペースがあれば何にでもくまモンがあしらわれていて、今や熊本県内で一つもくまモングッズがない場所は、一般家庭ですら殆ど無いのではないかとすら思いました。

くまモンと記念撮影

ゆるキャラのくまモンと記念撮影できるコーナーがありました。

まーねぇ、可愛いもんね、くまモン。熊本には野生のクマはいないらしいけど。

しかし、ゆるキャラの類は九割方否定的なツレ。くまモンも「目がトカゲみたいでキモイ」とのこと。あー、確かに。瞳孔が爬虫類か昼間の猫みたいだわね。

阿蘇と言えば中岳の火口見学

道の駅阿蘇を後にし、中岳の火口西へ向かって山道を登って行きます。

中岳の登山道

杉などの針葉樹が生い茂っていた沿道の景色は、標高が上がるにつれ背の高い植物は少なくなって、最終的に山頂近くは広大な牧草地が広がっていました。

中岳産超近くは牧草地が広がる

稜線に沿って点々と見えるのは放牧された牛たち。雲があんな高さに見えるということは、かなり高いところまで上がって来たんですね。木々などの遮る物が無くなったので、写真ではそうは見えませんが風が結構強いです。寒くないのかなぁ?ウシ・・・

牧草地にはウシがたくさん

それにしても、すばらしい環境で飼育されているんですね、阿蘇の牛ってば。これほどのストレスレスの環境下で育ったウシのお肉なら、間違いなく美味しかろうなぁ。

・・・と、中岳観光に来た人は皆この光景を見ながら思うに違いありません。その為に放牧してるわけでは当然ありませんが、観光客の多い中岳に名産品であるウシを放牧することで、ダブル〜トリプルのPR効果が期待できそうです。商売上手いよな〜(違う

しかしそういえば、付近には牛小屋らしきは見当たりませんが、このウシたちってずっとここで放っぽらかしで飼育されてるんですかね?それとも、ペーターみたいなのが夕方に撤収しに来るんでしょうか。このウシをどうにか出来るサイズの害獣は多分阿蘇にはいないと思うのですが、さすがにほったらかしはないか?いやどうだろ?野生動物は大丈夫でも、人間に盗まれちゃうよね。やっぱり。

乗馬が楽しめる草千里

頭上に山の頂が見えてきました。

頭上に山の頂が見える

さらに進むと、眼下に広がる広大な窪地と、それを取り囲むようにそびえるなだらかな山が見えてきました。

ここが草千里

ここは草千里。草千里ヶ浜とも呼ばれます。向こうに見えるのは阿蘇五岳のひとつ烏帽子岳

南国九州だけどめちゃくちゃ寒い!阿蘇山

ところでもう十年以上前の話ですが、冬場にテレビで偶然見たNHKのお昼の番組で、阿蘇のどこかの山の山頂で生中継をしていたのですが、ずっと温暖なイメージしか無かった阿蘇山が猛吹雪でレポーターもろともホワイトアウトしているのを見て、「阿蘇ってこんなに雪降るの?!」と戦慄した記憶がありました。

ちなみに、その時のレポーターはルー大柴で、まるで吹雪なんか無い物のようにハイテンションでルー語を連発していましたが、その姿も吹雪にかき消され、たまに雪の間からチラチラと見えるルーのソバージュヘアーが、なぜか鮮烈に記憶に焼き付いています。

それ以来、阿蘇=寒いというイメージが強く心に刻み込まれた状態でずっと来たため、内心「ちょっとやりすぎかな?」と思いつつも今回は万全を期し春ジャケットのインナーとして、ユニクロのウルトラライトダウンを持って来ました!

春先ならウルトラライトダウン持参がオススメ

結果を言うと、持って良かったです。私の認識は間違って無かった!阿蘇山めちゃくちゃ寒いわ…

地元九州の人なら当たり前だろって感じかも知れませんが、余所者的には九州といえは南国、ゴールデンウィークにダウンジャケットが要るなんて、想像もしていない人は恐らくかなり多いです。天気がよければ合羽でもいいけど、雨でも降ったら合羽だけだと多分寒いと思いますねぇ、この時期。

ユニクロの回し者みたいになってますが、ウルトラライトダウンは畳めばめちゃくちゃ小さくなるし、万が一に備えて持っていって損はないと思います。

草千里には乗馬コースがあり、冬場は凍った沼地でアイススケートが出来るんだとか。この人と馬の大きさ。スケールの大きさが改めて実感出来ますね、こうやって見ると。

草千里の乗馬コース

小さいけれどれっきとした火山”米塚”

草千里の道を挟んだ反対側には、綺麗な三角形をした米塚が眼下に見えます。山ですらないのか、米塚って・・・

草千里から眺めた米塚

しかし、米塚は高さが80mと小柄ながらもれっきとした火山です。その均整のとれた風貌から、別名・阿蘇富士とも呼ばれています。

ではでは、ダウンジャケットを着込んで再び出発!火口への道は、先程眼下に見下ろしていた草千里の方へ下って行きます。

草千里の方へ下って行く道

乗馬コースの馬乗り場。馬カワユスですなぁ〜。時間があれば挑戦してみたかったな。って、もうちょっと痩せてからでないと馬が可愛そうだけど(笑)

草千里馬のりば

草千里、いつかもっと時間を掛けて散策してみたいです。冬場に来てアイススケートでもいいですね。吹雪いてなければだけど。

さよなら草千里

けっこう頻繁に通行禁止になる中岳火口

前方には、濛々と煙を吹き上げる中岳の山頂が・・・って、この日は雲が多くてどれが火山の噴煙か分かりませんね。

煙が立ち上る中岳山頂

阿蘇山ロープウェー阿蘇山西駅に到着。

阿蘇山ロープウェー阿蘇山西駅

中はチケットカウンターと土産物屋、レストランなどがあります。バスで来た人はここからロープウェーに乗り換えて火口まで行くのですが、バイクやマイカーの人はそのまま火口まで自分の車で行けるので、まぁちょっと覗くだけ・・・

阿蘇山西駅の中

って、何〜〜!

火口周辺は火山ガスのため通行禁止

そういや、私の姉が中学の修学旅行で熊本に行った時にも、火山ガスの影響で火口までは行けなかったとかいってた記憶。その時は火山ガスで山の周囲が立入禁止になるってのがどういう状況なのか想像も付かなかったので、阿蘇山って恐ろしいとこだなぁ…と思っていたのですが、なるほどこういうことなのか。

くっそー、東側の展望台にしとけば風上だから普通に見られたんだろうなぁ。ギャンブルですね、火口見学って。

しかも厄介なのが、ガスが多い状態がこの先何時間続くかも全く分からないので、ひょっとしたら数分後には解除されるかも知れないと思うと、スッパリ諦めて次行こうという気にもなかなかなれず。

奇跡的に通行可能になった火口西口への道

ガスが無ければここから火口まで行けるんだよなぁ。しょうがないから記念撮影だけでもと、バリケードの前まで行くと…

ガスがなければここから山頂に行けるんだよなぁ〜

何と!私たちがここに来た瞬間、立ち入り規制解除のお達しが!何たるミラクル!

ほーら、門が開きますよ〜!

奇跡的に通行止め解除のお達しが!

偶然入り口でスタンバってた私達が一番先頭です。すげー!進行方向に誰もいねぇ。




火口が見えてきました。これが阿蘇!

もうすぐ火口に到着

駐車場も一番乗りです。奥の車は多分スタッフさんの。

阿蘇山西駅から火口までは五分ぐらいです。ガスが少ない時はもっと火口の近くまで行けるのですが、この日は少し離れた高台にある展望台まで。まぁここまで来れただけでも恩の字です。

この赤色灯が回り出すと、火山ガス注意報による退避の合図です。あちこちにあるドーム型の小屋は、万が一の時の為に逃げ込む為のシェルター。

赤色灯が回ると退避のサイン

駐車場の近くにロープウェイの火口駅があったので、どんな感じか覗いてみようとすると、中から従業員の女性が出てきて「ガスの臭いがキツくなってきたわね。多分またすぐに閉鎖されるから、急いで展望台まで行ってきたほうがいいわよ!」と言われました。

何!それは大変!小走りで誘導のおじさんの案内に従い展望台に向かいます。

再び通行規制が敷かれる前に展望台へ急げ!
なだらかな上り坂を進む

展望台の少し手前から、パノラマ撮影してみました。これが中岳の火口です。すごい煙・・・

展望台も一番乗り!

展望台も一番乗り

煙でなんも見えねぇ。さすがさっきまで規制がかかっていただけのことはあります。確かにこれじゃ、またいつ退避になってもおかしくないわな。

規制は解除されたが、煙がヤバい中岳火口

火口と反対側を見ると、はるか眼下に先程のロープウェーの阿蘇山西駅が見えました。

眼下に小さく見える阿蘇山西駅

喘息の人は、絶対に火口には近づかないで下さい!

それにしても、温泉巡りをしていると必然的に火山ガス発生地帯を通ることは多いのですが、ここみたいに肺がキリキリ締め付けられるような体の変調を感じたことはかつてありませんでした。

普通の焚き火とかの煙とは明らかに違う強烈な刺激。刺激臭とかそんなもんでは無く、とにかく痛い。

時折、風向きによって煙がこちらに向かって流れて来ますが、鼻の穴がチクチクして、気管支の方からゼーゼーするような変な咳が出ます。これはヤバい。喘息の人とかは火口付近には絶対来てはダメですよ!命に関わります、マジで。


後続の車の人達が、ようやく何人か展望台の方に向かって歩いて来たその時!

けたたましいサイレンの音が鳴り響き、退去のアナウンスが一帯に流れました。一番乗りの私達ですら、トータルで10分かそこらしか火口付近にはいられなかったので、当然今来たばかりの人達からは大ブーイング。

しかし、突然一気に風向きが変わって、真っ白な煙が凄い勢いでこちらに向かって流れて来ました。

風向きが一気に変わり、大量の煙が

きゃあああ!!ヤツらが来たァァ!! ゲホゲホゲホ…

脱兎の勢いで下山していくバイクや車。ふと脇を見ると、乗客を満載したロープウェイが宙吊りになって途中で停まっていました。

すごい勢いで下山して行く車やバイク

展望台に登る前に退去させられた人も気の毒だけど、ロープウェイに乗ってた人はもっと可哀相だな。

というわけで、再びロープウェーの阿蘇山西駅まで下りてきました。今日はこの先のことは全く決まってないですが、とにかく中岳の上はめちゃくちゃ寒かったので、下山したらどこか日帰り温泉でも入って、昼食を食べながらこの後のことを考えたいと思います。

今日は数々のラッキーが重なって、短時間でしたが火口の近くまで行けたし、写真も撮ってくることが出来ました。

これも日頃の行い?って、火口まで行けなかった人が日頃の行い悪いみたいですけど、これはもうアレですよ、アレ。奇跡。

火口見学を終え、日帰り温泉を探すべく下山

はるか遠くに見える、煙を吹き上げる中岳の火口。様子見ながらでも、あんなとんでもないもん一般公開している熊本県って、考えてみたら根性あるよなぁ・・・

煙が立ち上る中岳火口

・・・つづく

阿蘇山ロープウェー へのアクセス

住所:熊本県阿蘇市黒川阿蘇山808−5

Tel:0967-34-0411

URL:http://www.kyusanko.co.jp/aso/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-九州, 熊本県
-,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!