新ブログ「べっぷ移住物語」

関東 栃木県

栄枯盛衰 足尾温泉

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

華厳の滝を観光した後、帰る前にどこかでひとっ風呂浴びて行くことに。私が目を付けたのは、群馬県との県境近くにある足尾温泉でした。

足尾といえば、鉱毒事件で名高い?足尾銅山のあるあの足尾です。しかし、以前ちょっとこの足尾温泉についてググってみたことがあったのですが、それほどたくさん情報が出て来なかったところを見ると、規模はたいして大きくは無いようです。

カーナビの弘、の目的地を『足尾温泉』に設定して出発!

日光〜足尾を結ぶ日足トンネルを抜けると、雨空は一転辺りは濃霧に包まれていました。

日足トンネルを抜けるとまたまた濃霧Σ( ´д`;)

きっと天気がよければここからの景色も素晴らしいんでしょうが・・・何も見えん。

霧に包まれた日光

足尾の市街地に近づいてきました。標高が下がってさっきの霧は晴れてきましたが、相変わらずいつ雨が降り始めてもおかしくない曇り空です。

足尾市街地が近づくと霧が晴れてきた

山中から突如町が始まる足尾市街地

足尾市街地に到着。うっかり写真撮って来るの忘れましたが、突然何もない山の中から谷間に住宅が建ち並んでいる町が現れます。

高台には、巨大な茶色いバラックの建物が、町を見下ろすようにして建っていました。町のあちこちには、『銅山観光』と書かれた看板が立っています。今日はちょっと時間無いけど、いつか落ち着いて銅山観光にも来てみたいですね〜

町にはけっこう新しい住宅も建っているように見受けましたが、足尾銅山が閉山したのは昭和48年と意外と最近までやってたんだなという感じもするものの、それ以降の産業とかってどうなってるんでしょうね?

足尾市街地は普通に町

こんな団地みたいな建物とかもあります。

打って変わって、足尾温泉は物凄い山の中(;´Д`)

弘、の案内に従って進むと、市街地はあっさり通過。再び山の中に入って行きます。

『足尾温泉 庚申の湯』という看板が出ていました。庚申の湯ってのは、日帰り温泉か何かかな?

足尾温泉庚申の湯はこの先

どんどん道が荒れてきますが・・・温泉なんかあんの??

乗用車が通るのがやっと。しかも路面は穴だらけ・・・

かつてはここが一万人都市だった!足尾銅山の中心的都市『小滝の里』

小さなダムが見えてきました。

これが足尾ダム?

ダムを過ぎてしばらくすると、公園の様な場所に出ました。石碑には『小滝の里』とあります。

『ここに小滝の里ありき』とある

車を降りて川のそばまで行ってみても、滝らしきは特に見あたらず。

対岸に滝などは特に見当たらない

公園の前には、この場所の歴史について記された看板がありました。それによると・・・

小滝の里の由来

小滝坑閉山前の小滝 中心部のようす

足尾銅山の三山(坑)のひとつであった小滝の始まりは、明治18年(1885)に旧坑跡の開発に着手したところ、すぐに富鉱を発見したので翌年には選鉱所と製錬所を設け、次いで坑夫飯場も各所に建て、道路を開削し馬車鉄道を通すなど生産機能を拡大してからのことである。更に病院や学校も建て町家が並ぶようになり、大正5年(1916)の最盛期には一万余人の人口となった
その時の「商業家便覧」によると数軒の料理屋や芸妓屋もあり、坑夫達の格好な場として賑わったことがうかがえる。しかし徐々に経営の合理化が進められ、遂に小滝坑は昭和29年(1954)に閉坑され銅山の施設は一挙に撤収となり、小滝は僅か数戸を残し廃墟同然となった。
今は、昔日の夢の跡として「ここに小滝の里ありき」の大石碑が建てられたが、苔むした石垣の上から”山晴れ水澄む我等の小滝・・・”の歌が、坑夫の声高らかに聞こえて来るようである。

全盛期のこの辺りの写真なども添えられていました。

昔の小滝の里周辺

『小滝』というのは地名だったんですね。ここがかつて一万人の人口を誇る町だったなんて、今となってはとても信じられません。ここまで来る途中、家庭菜園のような小さな畑を営んでいる、農家とも言えないような世帯はいくつかありましたが、そこが残った僅か数戸なんでしょうか。

栄枯盛衰の儚さを感じずにはおれません。しみじみしながら公園を後にしようとすると・・・

『かじか荘 休館』

休館はいいけど、看板倒れてるしww

何ー!!

かじか荘といえば、事前にググった時口コミが一番多い宿だったのですが、理由は不明ながら平成25年2月〜3月までの短期間の休業時期にバッチリ当たってしまったようです。時期的に日光で強い地震があった直後ということもあり、施設が破損したりとか、あとは昨日宿泊した日光湯元みたいに、湯温が急激に下がったとか何かそういう事情でもあるんでしょうか?

にしたって、その看板が倒れてるんじゃねぇ〜?

しかし、他にも何軒か宿の看板は通り沿いに出ていたので、まぁここがダメでも特に問題は無いだろうと、再び出発。

小滝の里近くには、鉱山の遺産がたくさん

すると、ものの数十メートル先の沢を挟んだ対岸の岩肌に、坑道跡らしき穴を発見!

対岸に炭坑後らしき穴が!

さらに、道の脇には錆びついた鉄橋があります。

道の傍らには錆び付いた鉄橋が

旧小滝橋だそうです。ってことは、こっちのアスファルトの道は新しい方の小滝橋なのかな?旧小滝橋の架設は大正15年とのことで、近くに寄ってみると橋の親柱にも開通した年月日が記されていました。

旧小滝橋の親柱

その先には立ち入り禁止ですが、レトロな装飾が施された旧坑道跡とその脇の山肌にも坑道の出入り口がありました。

旧坑道跡
山肌にも坑道の入り口が

先程車から見えた、車道の対岸の岩肌に穿った穴は、坑道跡ではなく旧小滝火薬庫跡だそうです。

火薬庫の中

穴の中には、何に使われたのかよく分からない素焼きのブロックが積まれた壁の様なものがあって、穴の手前にはここを訪れた人が置いて行った石ころが、賽の河原のように積み上げられていました。

人間と比較するとこのスケール。

こうやって見ると、結構デカい

荒れた山道を抜け、ようやく足尾温泉らしきに到着

さらに進むと、林のような木立の中に入りました。道の両脇は石垣になっていて、この辺りがかつて鉱山の町として賑わっていたころの名残を、ほんの少しだけ垣間見ることが出来るようでした。

道の両脇が石垣になっているところも

かめむら別館入り口には、謎の『猿田彦神社』の看板が

林を抜けると、ようやく温泉らしい宿の様な建物が現れました。

『かめむら別館』ようやく宿らしきを発見

旅館は、通りから橋を渡って川の対岸に渡るのですが、気になったのは橋のたもとに『猿田彦神社』と書かれた看板も立っていること。旅館の中に神社があるの?ちょっとどんな感じか行ってみることにしました。

通りにはかめむらという看板がでていましたが、建物の方には『かめむら別館』と書かれています。

橋から来た時に建物の左側に見える、崖に面したおそらく食堂のような部屋が、見た感じかなり長い間使われていないようで、一瞬すでに廃墟になっているのかと思ったのですが、建物の裏に回ると庭木は綺麗に刈り込まれているし、建物の入り口の傍らには『アサヒスーパードライ』ののぼりも出ているところを見ると、営業はされているようです。

玄関は綺麗!

神社はこの奥(笑)

神社はこの奥だそーですw

ちょwwww 一瞬この納屋の隙間かと思った(笑)右手の階段を上るそうです。

神社へは右手の階段を上る

階段を上った先は、とても旅館の庭先とは思えないほどにうっそうと植物が茂っていて、まるでジャングルのよう。ここからまだ歩かされんのかなぁ・・・

神社なんかあるの?

と思っていたら、生い茂った木立に隠れて見えなかっただけで、すぐそこに鳥居がありました。これが猿田彦神社。もっと庭先にあるような祠みたいなのをイメージしていたのですが、意外と立派なのでビックリ!

これが猿田彦神社!

一応お参りしときますかね。ご利益あるといいなー

ここまで来たんだし、せっかくなのでお参りもしました

宿に戻って日帰り温泉やってるか聞いてみると、今は日帰りはやってないそうです。むぅ〜、残念・・・

人の気配はするけれど…休館中のかじか荘

かめむら別館を後にししばらく走ると、通り沿いにはコテージの並ぶキャンプ場があり、そこを通過すると、これが件の休館しているかじか荘。

かじか荘外観

建物前には何台か車が停まっていて、建物の中にも人の気配がありました。玄関先に数匹、丸々と太った野良猫がうろついている様子を見るに、休館中でも定期的に人が来ていることが推察されました。

完全にえさ目当てなので、全然なつきません
こんな毛艶のいい高そうな猫も

玄関には、小滝の里にあったのと同じ内容の休館の張り紙がしてありました。しかし、たかが一ヶ月の休館にしては、もう廃業してしまったかのような文面です。ここにある一ヶ月の休業期間って、宿の人の「これぐらいには再開したい」っていう希望的な数字みたいですね。この雰囲気だと。

ほんまに一ヶ月で再開出来んのかいな?

ついに炸裂!弘、の想像を超えたナビゲーション能力

とりあえず、もうちょっと進んでみることにしました。

かじか荘の目の道は、ちょっと先で通行止め

と、すぐに道は通行止めに。ありゃ?足尾温泉って宿こんだけなの?さっき案内が出ていた『庚申の湯』ってのはどこのことなんだ?

何より、カーナビの弘、は未だに足尾温泉の場所はもっとこの先だと案内しています。とりあえず、この道の少し手前で分岐している別の道に入ってみることにしました。

すると・・・

ここ数年で一番荒れてる道でした

うぉぉぉ!!こえぇぇぇ!!!上から岩落ちて来たりしない?それに岩の角でタイヤがパンクするんじゃ?と心配になるほどの、落石だらけの山道が続きます。

絶対この道じゃないと確信しつつも、道案内を続ける弘、に従って進むこと約20分。

ここが弘、の案内していた足尾温泉・・・

「よし!着いたぞ☆」

ここが弘、の案内していた足尾温泉ですよ!こんなこったろうと思ったわorz

もうすこし先に進むと、行き止まり。いったいどこに案内したかったんや、弘、・・・

少し先は通行止め。もう⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪

仕方がないので、再び落石だらけの道を引き返しますかね。相変わらず突然、「ショッカーがいるぞっ!気をつけろ!」とか言い出す弘、。確かに若干いそうな雰囲気なのがムカつきますわ。お前が誘導したんやろが。

普通にショッカーいそうな雰囲気

かじか荘は2015年3月現在再開の日程は不明

帰り際に、ダメもとで先程のかじか荘のフロントで声をかけてみると、案の定中に人はいましたがやはり今日はお風呂はダメらしいです。休業期間は2月〜3月とのことですが、今日3月30日なのにまだいつ復帰できるか不明、とのこと。

それと、庚申の湯というのはこのかじか荘の中にあったそうで。日帰り温泉施設とかではなかったみたい。

というわけで、随分苦労して来たにも関わらず、足尾温泉ではどこも温泉に入ることは出来ませんでしたとさ、(;´д`)トホホ…


小滝の里の近くまで降りて来ると、来た時には気がつきませんでしたが、『坑夫浴場跡』なる史跡を発見。

坑夫浴場跡

この楕円形の基礎みたいなんが湯船?だとしたら、町の規模に対してかなり小さいです。

この楕円のが湯船?構造がよく分からん。

やっぱり温泉だったのかな?

絵になりすぎる!わたらせ渓谷鉄道『足尾駅』

山を下ると、ガソリンを給油しに足尾の市街地に向かいます。

足尾の駅前商店街的な通り

すると、まるでテレビのセットのような木造の足尾駅の建物が目に入りました。ちょうど駅に列車が入って来たので、ちょっと寄り道して行くことに。

わたらせ渓谷鉄道『足尾駅』
筒型ポストが絵になりすぎる

待合室はこんな感じ。

重厚感漂う小豆色の車体は、ちょっと兵庫の阪急電車を彷彿とさせますねぇ。サイズは阪急とは比べ物にならんぐらい小さいですが。

高級感溢れる小豆色の車体

足尾の市街地も、今度は落ち着いて散策したいなぁ。

看板猫がお出迎え。新しいスタイルの日帰り温泉施設 春暁亭ゆりん

この後給油を済ませ、温泉を探しに日光市街地へ。これが最後のチャンスです。

日足トンネルを抜けると、そこは再び濃霧。弘、の分かりづらい案内のせいで、不本意ながら清滝から日光宇都宮道路に乗ってしまいましたが、夕刻が近づきあんまりこの辺に長居も出来ない時間にさしかかっていたため、まぁこれはこれで良かったのかも知れません。

日光市街地も濃霧

次なる目的地は、日光の市街地の近く、霧降高原の麓にある春暁亭(しゅんぎょうてい)ゆりんです。

外観はまるで、美容院とかカフェみたいな感じ。しかもこう見えて日帰り専門の施設です。

春暁亭ゆりん外観
ゆりんの玄関。玄関もとても温泉には見えない

お風呂は今回は撮影出来ませんでしたが、男女別で内湯と露天があって、外装同様新しくて綺麗です。

お風呂は中までは撮影出来ませんでした

内湯はバリとかハワイとかのリゾートをイメージしたような感じで、石風呂の露天は五人ぐらい入れる広さ。周りに何もない山中にあるので、露天は目隠しなどなく開放的です。泉質はどちらも単純泉で、かなりぬる目。

最後になかなかいい温泉に入れて、結果オーライってことで。

動物タレント顔負けの看板猫『モカ』

そういえば、ここには看板猫がいると宿の広告に書いてあったのですが、猫は気まぐれな生き物、看板猫とはいえさすがに犬みたいに玄関でお出迎え・・・なんてことはないと思ったら、レジ裏で寝てました。

洋服着てる猫って初めてかも

犬ならよくいるけど、猫でこういう衣装嫌がらないで着てるなんてあり得るの?

しかも写真撮ろうとすると、自分が撮られるの分かってか、ちょっと頭上げて顔がわかるようにしてるっぽいのよ!撮り終わったらそのまま丸まって爆睡。

いやいや、よくできた猫ちゃんだこと。前世は人間なんじゃない?

帰りにはフロントのカウンターの上に乗ってました。そのへんの猫みたいに、ちょっと構ったぐらいじゃ乱れない感じ。只者じゃありません。

カウンターに乗ってるモカちゃん

ちなみに春暁亭ゆりんは、中にお洒落なバーも併設されています。マイカーでしか来れない場所なので、飲めない友達に一緒に来て貰わないと酒飲み的にはキツいなーと思いました。それは他の日帰り温泉施設も同じですけどね。

日光小倉山温泉 春暁亭(しゅんぎょうてい)ゆりんへのアクセス

住所:栃木県日光市所野2823

Tel:0288-54-2487

URL:http://syungyotei.com/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-関東, 栃木県
-,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!