新ブログ「べっぷ移住物語」

群馬県

日本最大規模の巨大混浴露天風呂!宝川温泉「汪泉閣」

2016/05/21

現在 1 / 1 ページ目

週末は連休、しかも私の誕生日ということもあり、先週栃木にドライブに行ったところなのですが今度は群馬県へ向かうことにしました。

今回は久々にツレのバイクでタンデムツーリングです。相変わらず宿の予約は取っていませんが、最初の目的地の宝川温泉に向かうため、金曜の夜のうちから前橋のスパに前乗りし、高速が渋滞する前に移動を開始しました。

水上温泉に着くと雨が降ってきた

しかし心配なのは天候。前橋を出てから曇天だった空模様は、水上の駅前では本降りの雨に変わっていました。

水上温泉郷の一つ、利根川上流の山中の一軒宿「宝川温泉」

宝川温泉は、谷川温泉や湯檜曽温泉、湯の小屋温泉などと並び水上温泉郷の一つに数えられる温泉地で、水上の温泉街から利根川の上流に遡った山中に、汪泉閣という温泉旅館が一軒だけ存在します。

山中の一軒宿宝川温泉

…というとものすごく鄙びた秘湯をイメージしますが、この汪泉閣というのがとんでもなく巨大な宿で、入り口の門構えはまるで寺院や城のようです。

巨大な宝川温泉汪泉閣の門

駐車場にあった敷地内の地図。公園かよ。

宝川温泉見取り図

汪泉閣への日帰り入浴は、バス停のそばにある宝川山荘という日帰り専用施設から入場します。

宝川山荘受け付け

料金は大人1200円。ちょっと高いな~とは思ったものの、有名な温泉旅館だしこんなもんかと気を取り直して建物の中に入ると、土産物の販売コーナーの奥に広い座敷の食堂がありました。

宝川山荘の食堂

・・・って、お風呂どこよ?

すると土産物屋の従業員の方が「お風呂は食堂の奥から外に出て下さい」と声をかけて来ました。食堂の土間の片隅には下駄がたくさん並んでいて、どうやら下足はここで履き替える決まりになってるようです。

食堂の片隅に貼られた、テルマエ・ロマエⅡのポスター。

宝川温泉はテルマエ・ロマエ

宝川温泉はテルマエ・ロマエⅡのロケ地で、映画に登場した広大な混浴露天風呂は日本最大級の規模を誇ります。

下駄に履き替えて食堂の裏口から外に出ると、古びた木造の屋根が付いた通路が谷に向って続いていました。

露天風呂に続く通路

通路の脇には、由緒の不明な骨董品や民芸品が無数に陳列されています。

骨董品が地位列された露天風呂への通路

大昔の消防ポンプ車なんかもありました。

昔のポンプ車

これほど巨大な温泉旅館がポツンと山中にあるのですから、かつては自分のところで消防隊を組織していたのかもなぁ…

なぜかアイヌの木彫がたくさん陳列されている

と思いきや、一方では北海道でよく売ってるアイヌの木彫の人形も大量に飾られていたりして、これらの骨董品はこの宿で昔使われていた古道具というよりは、単なる宿の人の趣味のコレクションのような感じもします。

宝川温泉で以前行われていた驚きのサービスとは?!

屋根はここで終了。傘を差してさらに谷を下って行きます。ここにも北海道みやげの定番、木彫りのクマ。

謎の木彫りのクマ

ただし、この木彫りのクマは無意味な飾りではなくて、すぐそばに大きな檻があり中でクマが何匹か飼われています。

謎のクマの檻

ここにいるクマは、宿の人が子グマの頃に保護したそうですが、かなり人に懐いており一時は何と露天風呂に人間と一緒に入っていました。「入浴クマのいる温泉」としてかなり話題になったそうですが、現在はさすがに保健所などからケチが付いたのかこのサービスは行われていません。実際やってた当時にぜひ来てみたかったですね。

かつてクマと温泉に入れるサービスがあった宝川温泉

その頃の写真。子グマというにはかなり成長しており、これで事故とかも無かったのが逆に凄い。

当時の写真

クマの檻のそばにはうさぎが飼われていたりと、骨董や動物やら、温泉以外にも楽しい物が色々あってテーマパークのようです。

クマ舎のそばにはうさぎ小屋

吊橋の対岸にある宝川温泉の宿「汪泉閣」

敷地内を流れる利根川の対岸にあるのが、宝川温泉の宿「汪泉閣」です。

汪泉閣へ渡る吊橋

木造の吊橋がムード満点。素敵ですね〜、いつかは泊まりで来てみたいなぁ。

日本各地の露天風呂のモデルになった!宝川温泉の混浴露天風呂

露天風呂はさらにこの下。川に沿って石畳が続きます。

露天風呂はさらに谷へ下る

坂を下りきると、「色即是空」と書かれた寺の山門のような古びた建物が建っていました。

寺の山門のような門

そのそばには、何かわからない古い小屋。ここが元の受け付けなのかな?

山門のそばに建つ謎の小屋

山門をくぐると、まるで公園の池のように巨大な宝川温泉の露天風呂が目の前に広がっていました。入ってすぐにあるのが摩訶の湯。日本各地の露天風呂は、多くが摩訶の湯を見本に造られたそうです。

各地の露天風呂のモデルになった”摩訶の湯”

摩訶の湯のそばには脱衣所の小屋があって、裏に般若の湯と名付けられた湯船があります。

摩訶の湯の浦にある”般若の湯”

さらにその奥にも道が続いています。

道はさらに続く…

山側にある建物は、男女別の内湯と女性用露天風呂、川に架かる吊り橋を渡った対岸には、面積200畳の広さを誇る子宝の湯

子宝の湯 その1
子宝の湯 その2

子宝の湯の二階は休憩室かな?と思ったら、中は閻魔堂になっていました。

子宝の湯の二階は閻魔堂

子宝の湯なのに何で閻魔様なのかは不明。

宝川温泉の泉質は、無色無臭の単純泉。たくさん湯船はありますが、多分泉質は全部同じなんじゃないかと思います。宝川温泉は女性に嬉しい湯浴み着着用可で、摩訶の湯と内湯の脱衣所には脱水機も備え付けられているので、日帰り入浴でもボトボトの湯浴み着を持ち歩かなくて済むのは大変うれしい気配りです。

宝川温泉は海外でも有名だと聞いていましたが、この日も多くの外国人の姿を目にしました。

閻魔堂から対岸の般若の湯を眺める

露天風呂が有名な温泉で心配なのが、雨でお湯がぬるまって入れなくなることなのですが、今回はそれほど長時間の降りでは無かったため全く問題はありませんでした。むしろ、後日別の人に聞いた話では、宝川温泉はかなりお湯が熱めなんだそうで、また夏場はアブが大発生することもあり、むしろ今回の悪天候は私たちにとってはラッキーだったのかもしれません。

水上名物、三種類の「ダムカレー」

では、帰る前に受付の建物で昼食を頂くことにします。

利根川源流に位置する水上には形状の違うダムが5つもあるそうで、宝川山荘の食堂はダムをモチーフにした「ダムカレー」を提供しています。

水上の三種類のダムカレー

ダムカレーは日本各地のダムのそばの飲食店で出されているご当地グルメですが、水上のダムカレーは、重力式ダム、アーチ式ダム、ロックフィル式ダムの三種類。それぞれは盛りの多さに違いがあるそう。しかし、宝川山荘では確か一種類しか出していなかったような?

アーチ式ダムカレー

記憶は定かではありませんが、今回は普通盛りのアーチ式ダムカレーを注文しました。

ダムカレー、普通に美味しかったです

普通に美味しいカレーでございました。ご飯少ないかな?と思ったけど、意外とお腹いっぱいで満足。


食後は宿探しです。やはり連休中なのでなかなか見つかりませんでしたが、同じみなかみ市にある湯宿温泉の「湯本館」という宿に空室を見つけることができました。ここから一時間ほどしかかからない距離ですが、今日は天気も悪いし早めに宿に入ってのんびり過ごすことにします。

そういえば、実はこの食堂のある建物にも浴室があってそちらにも入ったのですが、10人ぐらい入れる広さの古びた男女別内湯が各一のみで、特に取り上げるほどのこともないかと今回は写真は撮ってきませんでした。

湯宿温泉に出発

それでは、湯上がりには少し気持ち悪いですが合羽を羽織って湯宿温泉に向かって出発!

・・・つづく

宝川温泉汪泉閣へのアクセス

住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原1899

Tel:(代表)0278-75-2611 (予約直通)0278-75-2121

URL:http://www.takaragawa.com

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-群馬県
-, , , , , , ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!