新ブログ「べっぷ移住物語」

関東 茨城県

高萩海水浴場 2010

現在 1 / 1 ページ目

東北地方が大地震と津波に襲われたあの日から、ちょうど丸一年が経ちました。

その日、私は千代田区にあるお得意先が入ったビルの中で被災し、オフィスのテレビで押し寄せる巨大津波をただただぼんやり眺めていました。

あの時は本気で、もうこのまま日本が国ごと消滅してしまうのではないかと思うほどに次から次に色んなことが起こりましたが、思い返せばよくここまで持ちこたえたなぁ、東北そして日本…

今でもまだ大きな余震はたまにあり、原発問題や瓦礫の処理の問題、また首都直下型大地震が近々起こるのでは?といった学説も聞かれますし、まだまだ震災は今も続いているのですが、近頃は復興の特需で東北地方の景気は上向きと言う話も聞かれます。

しかしそれにしても放射能の問題さえなければ、もっともっと上手く世の中が回ったのに…


3.11以降、余震が来るたび頻繁に地震速報に表示された地名の一つ『高萩市』。以下の写真は、震災前の2010年夏に通りすがりに一泳ぎした高萩市にある海水浴場で、ブログの記事にしようと写真は沢山撮影したものの、その時は特に強い思い入れもなく面倒くさくなって放置していたものです。

ひたち海浜公園や阿字ヶ浦も近いのですが、ここはほとんど地元の人しか来ないようで、絶好の海水浴日和にも関わらずのどか過ぎるこの光景。

背の順に立てられた看板
高萩海水浴場、全然人おらん・・・
バレーのコートのようなビーチバレーコート

空いてるのはいいけど、設備がシャワーとトイレだけってのもちょっと困り物・・・

高萩海水浴場、設備はシャワーとトイレだけ

少し離れた場所に海の家など若干ありましたが、それにしても空いてるなぁ。

少し離れた場所には海の家なども

浮き輪や着替えなどは、近くのイオンにて購入しました。

高萩海水浴場にて

のどかな夏の日のワンシーン、もう戻らないあの海・・・


漁師さんがやってる民宿や食堂なんかも結構見かけましたが、今回の原発問題に負けずにまだ営業されてるんでしょうかねぇ?

畳んじゃった店もおそらく多そうですが、去年の夏は私のバイクのローンやらツレの出張などが重なって夏場はあまり出かけられなかったので、今年の夏はまた高萩に泳ぎに行ってみたいなぁ、と思いました。

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-関東, 茨城県

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!