新ブログ「べっぷ移住物語」

中国・山陰 島根県

出雲大社から程近い立久恵峡温泉『御所覧場旅館』

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

出雲大社を後に、次なる目的地は出雲大社から南下した山間部にある、立久恵(たちくえ)峡温泉。

立久恵峡温泉は、その名の通り立久恵峡という峡谷沿いにありますが、周囲に水田の広がる出雲大社から1時間とかからない場所にあります。

出雲大社から南に向かうと山が現れた

そういえば、出雲地方に来てからやけに街並みが日本離れしているように感じていたのですが、このあたりの民家って屋根瓦がみんな東京の和瓦とは違って明るい赤茶色をしてるんですね。

日本離れした明るい色の屋根瓦

ヨーロッパ風の住宅で赤っぽい瓦を葺いたりよくしますけど、出雲地方の赤い瓦は石州瓦といって、島根県西部特産の凍結に強い性質を持つ瓦なんだそうです。

水田地帯から山道へ

山道を走ることしばし、通り沿いに宿がー軒見えてきました。

立久恵峡の周りは上りと下りで一方通行になっている

・・・と思ったら、道は突然一方通行になって、立久恵峡からどんどん上の方に登って行きます。

立久恵峡のキャンプ場はバンガローも温泉もない

このままだと温泉と全然違う方にやられる!と、慌てて別の道に逸れると、その先にキャンプ場がありました。

普段ならば、宿が決まらなければキャンプという選択肢の幅も広がったのでしょうが、ここのキャンプ場はオートキャンプサイトとテントサイトのみ。バンガローなどは無く、この雨の中キャンプやるほど変態じゃないし・・・

温泉の表記なども無いので、おそらく温泉も無さそう。何が悲しくて温泉地で温泉の無いとこに泊まらなならんねん。

小さな宿にしてお風呂の数は豊富な『御所覧場温泉』

キャンプ場をスルーし、来た時と逆方向の一通を進むと、道の左手の茂みの奥に露天風呂と書かれた看板が立っていました。

御所覧場露天風呂入り口

その隣には、立久恵峡の展望台が。土砂降りなので展望台から景色を眺めるような状況ではありませんが、露天風呂はこのすぐ隣となれば、なかなかの眺望が期待できそうです。

土砂降りの立久恵峡展望台

この温泉を持っているのは、道の反対側にある『御所覧場』という宿。変わった名前ですが、読みは”ごしょらんじょう”でいいのかな?

御所覧場旅館一階入り口

建物は3階建てですが、山の斜面に沿って建てられているので、この1階と最上階の3階に出入口があります。

↓3階側の出入り口。

御所覧場3階側の出入り口

1階には駐車場が見当たらないので3階側に車を置いて、フロントで入浴料500円を支払い1階の出入口から外へ出ます。

貸し切り風呂は露天じゃなかった・・・

お風呂は男女別の露天とか何種類かあるみたいでしたが、今回は貸切風呂にしました。

御所覧場の貸し切り風呂

入口には大きく露天風呂と書かれていますが、いざ行ってみると貸切風呂の方は露天ではなく、内湯というか展望風呂みたいな感じ。

御所覧場の貸し切り風呂は露天じゃなかった

浴室は、普通の家庭の浴室ぐらいの広さの脱衣所と洗い場、湯船は2〜3人ぐらいサイズの岩風呂で、お湯はかけ流しの硫酸塩泉。

泉質はかけ流しの硫酸塩泉

大きな窓があって眺めはとても良いものの、やっぱり展望台からの景観のイメージからすれば、少しせせこましい感じはします。

貸し切り風呂からの眺め

夜は立久恵峡がライトアップされるそうで、露天風呂からの夜景はさぞかし素晴らしいでしょう。

あ~、御所覧場旅館、泊まりたいな。しかし、こんなに素敵な宿に連休空室があるなんてとても思えないけど…

風呂上がり、ダメ元で空室を問い合わせるもやはり満室。そうだよね。まぁ分かってたけどさ。

立久恵峡にもう一軒ある宿の八光園にも一応問い合わせて見ましたが、やはり満室でした。

またいつか、出雲地方に来る機会があれば泊まりたいな、立久恵峡温泉。来れるかな?

再び、海沿いを走る国道9号線まで引き返して来ました。

温泉津温泉を目指して国道9号を西へ

海沿いに点在する温泉は、事前の問い合わせで片っ端満室なのは判明しているので、いっちょ大博打でおそらく山陰で最大規模の温泉津温泉まで行ってみたいと思います。どんな温泉街なのか全然分からないけど。宿取れなかったらどうしよう?

・・・つづく

立久恵峡温泉 御所覧場旅館へのアクセス

住所:島根県出雲市乙立町立久恵5269 ‎

Tel:0853-45-0211 ‎

URL:なし

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-中国・山陰, 島根県
-, ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!