新ブログ「べっぷ移住物語」

長野県

初秋の奥志賀でトレッキング

2016/11/05

現在 1 / 1 ページ目

渋・湯田中温泉がある志賀高原から奥志賀に向かって走ると、ロッジ風の大型ホテルやスキー場などが目に付くようになって来ます。

奥志賀のロッジ風の建物

この辺りは、なぜかラグビーのコートを持っているホテルが多く、夏場はラグビー部の合宿を盛んに誘致しているようです。なぜにラグビー?スクールウォーズが流行った時期に企画したんでしょうか?

オフシーズンだったのか、ラグビーの練習をしている姿はほとんど見られませんでした。

紅葉まであとちょっと・・・な志賀高原でした。

一沼

奥志賀には琵琶沼や丸沼などの池や湿地が多く、散策目的の観光客が鈴なり。まだ若干紅葉には早かったですが、沼の回りはちょうど頃合いに木々が赤く染まっていました。

丸沼
一沼の看板



秋の奥志賀

途中から、ちょっと不安になるほど狭い県道502号線(奥志賀高原栄線)に逸れます。

県道502号線(奥志賀高原栄線)

関係無いですが、どうやらカメラのレンズが汚れているようで数枚の写真の中央がボケてますねー、残念(;´д`)トホホ…

県道502号線(奥志賀高原栄線)2

栄村の村境に到着。

栄村村境

小さな橋に人だかりが。ここは有名な撮影スポットのようですが、もうちょっと車に配慮して撮影しましょうよ…

橋の上に人だかりが・・・
橋の上から撮影してみた

大滝まで700メートルに騙されるな!!

この少し先に、車が何台も駐車している場所がありました。

大滝(おおぜん)の看板

大滝の看板。後日知ったのですが、この大滝は"おおぜん"と読むそうです。滝へ向かう遊歩道入口付近は、見た感じ緩やか。

大滝まで行ってみることにした

滝までは700メートルのこと。せっかくなのでちょっと行ってみましょう。

大滝まで700m


気付いたら本格的なトレッキングに

さきほどの700メートルの看板から徒歩5分ほど。なだらかだった遊歩道はかなり本格的なトレッキングコース並の荒れた道に変わっていました。聞いてないよ~!!

大滝ならぬ小さい滝

これが大滝?な訳ないですね。結構歩きましたが、滝の音なんかどこからも聞こえないところから察するに、まだまだこの先道のりは長そう…

引き返すか進むか悩んだ挙げ句、せっかくここまで来たんだからと意を決して滝まで行くことにしました。

涌き水であちこちぬかるんでいて、かなり歩きにくいです。

湧き水でぬかるんで歩きにくい!
足元悪いです
あちこちに水たまり。汚れていい靴推奨

人一人通るのがやっとの道の脇は、底が見えないほどの絶壁!ひえぇ~

『滑落注意』って・・・

ここがちょうど滝の真上でしょうか。こ、怖~!しかもまだあそこまで降りるの?700メートルなんて絶対嘘だろ?!


ようやく滝の音が聞こえてきました。もう一頑張りです。

梯子並みの急角度(ToT)

階段というより梯子やんけ!足元がぬかるんで…こ、怖い((゜Д゜ll))

ロープに掴まって降りる

ようやく滝に到着。

大滝に到着

大滝の名前に違わぬ素晴らしい景色。頑張って来ただけに感動もひとしおです。

大滝をバックに

しかし、近頃の山好きの中高年って凄いね。息切らして休憩してる私の横を、涼しい顔で通過して行かれました。膝なんか私より丈夫なんじゃないの?

ちょっと寄り道のつもりが、予想外に時間を食ってしまいました。

今日は秋山郷のどこかで宿探しする予定だったのですが、いかんせん秘境中の秘境、飛び込みで入れてくれる宿ははたしてあるのでしょうか…

・・・続く

大滝(おおぜん)のアクセス

Tel:志賀高原観光協会 /Tel:0269-34-2404

住所:長野県下高井郡山ノ内町

URL:さわやか信州旅.net

より大きな地図で 大滝(おおぜん) を表示

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-長野県
-,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!