新ブログ「べっぷ移住物語」

岐阜県

超難アクセス!下呂「濁河温泉」の市営露天風呂がすごい

現在 2 / 2 ページ目

風呂上がり、売店で買ったパンとカップ麺で腹ごしらえ。関西のペヤングこと、徳島製粉の金ちゃんが売られているあたり、鳥取からかなり移動してきたけどまだこのあたりも関西の文化圏なんだなぁ、としみじみ。

金ちゃんヌードル

お腹も落ち着いたところで、長野方面を目指します。木曽福島方面に向かって走って行くと、通り沿いに大きなスキー場が見えてきました。麓から運行している路線バスは冬期この「チャオ御岳スノーリゾート」止まりとなります。木曽福島からのこの道が濁河温泉へのメインルートのようで、下呂方面からの441号線に比べると広くてカーブも緩やかなので走りやすいので、お車で濁河温泉へお越しの際は木曽福島方面からのアクセスが楽だと思います。

遠ざかる御嶽山は、客の姿が見えなくなるまでお見送りしてくれる旅館の女将さんみたいに、その姿が遠く見えなくなるまで神々しい白い頂を山の間から覗かせていました。

信州サンセットポイント百選にも選ばれた「九蔵峠」

麓の途中にあった、「九蔵峠展望台」。信州サンセットポイント百選に選ばれているんだそうですが、信州で百個って凄いんだか何なんだか……。

信州サンセットポイント百選「九蔵峠」

展望台からは、威風堂々たる御嶽山を正面に見据える雄大な景色が望めます。信州の百選ですが、手軽に絶景が見られるポイントとしては全国屈指だと思いますので、濁河温泉へお越しの際はぜひ立ち寄ってみて下さい。ちなみに、九蔵峠は濁河温泉からは小一時間かかるので、この辺りでサンセットを迎えるとその後がかなり怖いと思われます。

九蔵峠から御嶽山を望む

木曽ならかわ名物、市長が育てた「市長の味噌」

道が走りやすかったこともあって、下呂方面からよりもかなり早く感じましたが、時間的にはほぼ同じ1時間半ほどで麓に到着。道の駅木曽ならかわで休憩がてらお土産を物色していたら、発見したこちら。

市長が育てた「市長の味噌」

市長が育てた大豆を使った、その名も「市長の味噌」。中に市長が入ってそうなネーミングがインパクト抜群で、ついつい自分用に購入してしまいました。中身も撮影したらよかったなと今更思いましたが、見た目・味ともにまぁ普通?東京は信州からそれほど離れていないので、スーパーに並んでる味噌も大半信州味噌のため「いつものあの味」という感じでした。

そして、昼食が軽めだったので早くも腹が減って、野沢菜のおやきも購入。

信州名物野沢菜のおやき

人生でおやきを食べたのは、2011年野沢温泉に行ったとき温泉街で買った野沢菜おやき以来ですが、野沢温泉で食べたおやきは「肉抜きの井村屋肉まん」という感じで、何か一味足りないような印象だったのに対して、ここのおやきは野沢菜漬けのシャキシャキした食感とジューシーなおつゆが、香ばしくてモチモチした皮にベストマッチ!おやきと肉まんとは全く別物なんだということを、初めて実感しました。肉なしでもこんなに美味しいなんて……

野菜だけでもおいしい!信州のおやき

この日以来私の中でおやきブームが巻き起こり、この後もあちこちで売ってるのを見つけたら毎度買って食べ、東京に帰ってからもレシピを見ながら自作したりと、完全におやきにハマってしまったのでした。

こんなこと書いてたら、またおやき食べに長野に行きたくなってきたなぁ。

ではでは、そろそろ今夜の宿を探しながら、さらに車を東へと走らせます。

・・・つづく

濁河温泉市営露天風呂へのアクセス

住所:下呂市小坂町落合

Tel:0576-62-3373

URL:http://www.city.gero.lg.jp/kankou/

PR:

現在 2 / 2 ページ目

-岐阜県
-, , ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!