新ブログ「べっぷ移住物語」

関東 栃木県

謎のパラダイス、那須戦争博物館

現在 1 / 1 ページ目

那須の御用邸のそば、一見廃材置場?と思いきや、ごちゃごちゃした敷地内から大音量で軍歌が流れていてかなり怪しいです…

那須戦争博物館駐車場

なんじゃココは??

外観は右翼思想のちょっと危険な人が個人でやってそうな感じなんですが、よくよく見ると屋外には個人レベルで入手するのは不可能なのでは?という感じの凄い展示品がゴロゴロ。

県道17号線からも見える巨大な陸軍戦闘機とか。

陸軍戦闘機
陸軍戦闘機2
陸軍戦闘機3

こんなのどこから手に入れたんでしょうか??維持するのも大変ですよねぇ、コレ・・・

入館料は大人1000円なり。しかし屋外の大型の展示品は特に見張ってる人もいないので、(多分)勝手に見ても大丈夫かと。

(たぶん)無料で見られる展示品

97式戦車

97式戦車
97式戦車正面

太平洋最大の激戦地サイパン島より帰還、とのこと。


臼砲(きゅうほう)

明治時代最大なる28センチ攻城砲

明治時代最大なる28センチ攻城砲

一式陸上攻撃機(双発)

一式陸上攻撃機(双発)

世界で現存するのはこれのみ!

しかしいっぱい付いてる筒みたいなの何なんでしょうね?排気管?吸気管?

白い方の馬は『壽号』らしい

『馬も兵器なり』ということで、おんまさんも飼育されていたり。

むむ…なんか凄そう。

というわけで、ここまで来るともう中の様子も見てみないことには!

那須戦争博物館・屋内展示

入館料を支払い、屋内展示室へ。

屋内展示場

展示品は全部で約15000点ということで、屋内展示も充実の見応えです。以下はほんの一部。

戦争博物館屋内展示場

特大の戦艦大和の模型

戦艦大和の模型

プロペラやら

展示されてるプロペラとか

高射機関銃

高射機関銃

戦時中発行された書籍類

戦時中発行された書籍類

銃痕の残る飯盒

銃痕の残る飯盒

陶器製の爆弾

陶器製の爆弾

鉄の不足から作られた苦肉の策、珍品中の珍品だそう。

軍服

展示品の軍服(´・ω・`)

うわぁ…

故人の遺品も多いせいか、館内はどんより重い空気が。私は霊感などは全くないのですが、建物の中にいる間中頭が痛くなってしまいました。

有料屋外展示

お金を払わないと見れない屋外展示もあります。

零戦の初期型エンジン

零戦のs初期型エンジン

B29のエンジン

B29のエンジン
B29のエンジン2

90年式改良戦車

昭和六年満州事変が始まり、当時に制作した改良型でエンジンは「いすず」のジーゼル、
だそう。

グラマンF6Fヘルキャットの機銃の砲身

グラマンF6Fヘルキャットの機銃の砲身

付録のカタログ

戦争博物館で貰ったカタログ

入館料1000円には結構立派なカタログの代金も含まれています。

てっきり展示品の図録かと思いきや、軍歌の歌詞や館長の栗林白岳さんの活動内容、館長の活動を掲載した新聞記事がメイン。

カタログ中身

小林よしのりのわしズムにも戦争博物館と館長のことが載ってるそうです。

わしズム転載

カタログより転載

とにかくこのコスプレじーちゃんが終戦記念日に靖国神社で乃木大将の格好してパフォーマンスする度に、テレビのニュースが危険な物の様に映し出すのはお笑いである。本人を知れば愉快な人なのだ。

この日私が屋外展示を見ているとき、離れた所で設備の補修をしているご老人がいらっしゃいましたが、あれが栗林館長だったんだなぁ。

乃木大将に扮する栗林館長

コスプレ写真からは想像できないような、ウッドハウスのペンションでもやってそうなオサレ〜なおじいさまだった記憶。

ほぼ個人レベルの施設において、これだけの品物を収集し維持管理されている栗林館長の情熱に心底感服したのでした。

那須戦争博物館のアクセス

住所:栃木県那須郡那須町高久乙2725

Tel:0287-76-1510

URL:http://www.nasu-sensou.jp/

大きな地図で見る

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-関東, 栃木県
-, , ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!