新ブログ「べっぷ移住物語」

関東 栃木県

華厳の滝だけじゃない、奥日光は名瀑だらけ!

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

日本人は『三大〜』ってのが大好きですよね。日本三大暴れ川は利根川・筑後川・吉野川だし、三名泉は有馬温泉・草津温泉・下呂温泉、そしてここ栃木県の華厳の滝は、和歌山県の那智の滝・茨城県の袋田の滝とともに日本の三大瀑布と呼ばれています。

誰が呼んだか三大瀑布、これに含まれない滝でも素晴らしい滝は沢山あるのですが、まぁ昔の偉い人が決めたから、それはそういうもんなんでしょう。

なぜか私、こういう風に日本各地を旅して回っている以上、日本三大瀑布と日本三名泉だけは抑えときたいと以前からずっと思っていて、三名泉はすでにクリア、そして那智の滝と袋田の滝も行っているので、今回華厳の滝を見れば目標達成ですわ。

という訳で、これから華厳の滝に行っとくことにします。

奥日光湯元から華厳の滝に向かう

今日も昨日に引き続き、日光一帯は濃い霧に覆われていました。三月下旬になってもなお、通行止のバリケードが張られたままの金精道路を背にし、中禅寺湖の方に進むと、道の傍らに『湯滝』と書かれた看板が立っていました。

ツレは何故だか滝とあらば見に行かずにはいられない性分なので、まだ湯元温泉を発っていくらも走っていないのに、華厳の滝に行く前にまずは湯滝に寄り道していくことにしました。

湯ノ湖の岸から流れ落ちる湯滝(ゆだき)

案内に従い谷の方に降りて行くと駐車場があって、そのそばには土産物や軽食を売るレストハウスがあります。その奥から滝の落ちる音が聞こえてきますが、その地響きのような轟音から、湯滝はかなり水量の多い滝であることが推測できました。

レストハウスはこう見えて営業中

ちなみに、このレストハウスこう見えて営業中。みたらし団子やイワナの塩焼きなどを売っていました。木立に隠れて駐車場からは見えませんが、湯滝まではものの数十メートルほどの距離です。

これが湯滝。

湯滝正面

真ん中に見える大きな岩が、お不動様の形をしているとされています。ふーん、なるほど。言われてみればそんな感じかしらね。

湯滝斜めから

滝の落下口を見上げると、車道から行けそうなので、再び車で来た道を引き返すことに。すると、通った時には見過ごしていましたが、車道沿いに展望台がありました。

湯ノ湖から滝の落ち口には公園があった

静かな湖面に霧が反射し、まるで湖面から外の世界が全て消失してしまったかのような湯ノ湖の景色。

天気がよければこんなふうに見える

天気がよければこんな景色が見えたらしいのですが。

ここが滝の落下口。何と、湯ノ湖の岸から直接流れ落ちています。

霧にかすむ湯滝

・・・って、霧で何にも見えないけど(笑)

竜頭の滝

再びスタート。しかし、しばらく走ると今度は道沿いに『竜頭の滝』があり、またまた寄り道です。

竜頭ノ滝へは、綺麗に整地された遊歩道を歩いていくと・・・

川沿いの綺麗に整地された遊歩道を歩いて行くと…

看板の前でポーズ。このポーズちょっとマンネリしてきたなぁ

後で調べると、竜頭の滝って正面から見ると滝が二つに別れていて、二本あるように見えるそうなんですが、そんなこととは露知らず、ここで写真を撮って満足して引き返してきてしまいました。

どうやっても絵になる竜頭ノ滝

もうちょっと下まで降りたら、滝を正面で見れたのかな?

竜頭の滝からほどなく、中禅寺湖に到着。土産物屋の建物が建ち並ぶ通りは、日中でも閑散としていました。華厳の滝は中禅寺湖のすぐそばにあります。

日本三名瀑華厳の滝

滝周辺には中禅寺湖の周りと似たような土産物屋が立ち並んでいますが、こちらの方が賑わっていました。

華厳の滝の周囲の商店

華厳の滝周辺は駐車場が高い!

それにしても、周辺には公共や私営の駐車場が幾つかあるのですが、軒並み普通車300円前後と、言っちゃなんだけどどう見ても土地だけは有り余ってそうな場所にしちゃ、ちょっとがっつきすぎじゃない?

安い駐車場を探してウロウロしてると、お土産物屋さんの南摩の駐車場が一回100円で最安値でした。しかも、土産物屋の二階にある食堂で食事をすると、その100円すらも戻ってくるそうで、ちょうど昼時だったしどうせこの辺りで昼食は食べていくつもりだったので、実質駐車場代タダですわ。

味処南摩外観

商売ってのはこうやるもんよ!周りの公営の駐車場も、もうちょっと見習えっての。

華厳の滝は滝壺までエレベーターで行ける

滝の案内に従って歩いて行くと、まるで鉄道駅のような建物が。これは、滝壺近くにまで降りられる有料のエレベーターです。

華厳の滝エレベータ

エレベーター乗り場の周囲には、軽食を販売する売店がいくつかあります。この後南摩で昼食なのですが、玉こんにゃくのおでんで小腹を満たします。

華厳の滝前の出店で熱々おでん

あつぁつぁ・・・

北関東でコンニャクといえば、群馬県の下仁田が有名ですが、栃木もコンニャク名物なのかな?臭みがなくてとても美味しかったです。

華厳の滝は、この売店がある辺りからでも充分綺麗に滝は見えるのですが、せっかくなのでエレベーターに乗って、滝壺まで行ってみることにしました。

華厳の滝は、地上からでも充分綺麗に見えるけど・・・

ツレが子供の頃に学校行事で華厳の滝に来た時は、エレベーターなんか乗った記憶はないそうな。さすがに40年近く前にはまだ無かったかもねー。あっても、遠足だったら徒歩で行かされそうだけど。

華厳の滝エレベーター近影

受け付けで大人530円を支払い、エレベーター乗り場に向かうと、駅員さんのような制服姿の係員さんがいて、ただのエレベーターですがなかなかムードがあっていい演出だなーと思いました。

エレベーター改札

エレベータは、貨物用の特大サイズが二基。家電量販店とかによくあるような感じの、鉄板で四方を囲われた景色とか見えないやつです。ドアの開閉などの操作は、カメラで遠隔操作されています。

エレベーターは貨物用みたいな大型のが二基

地上から滝壺までの約100メートルを、一分ほどかけて移動しますが、箱が大きいから仕方ないんだろうけど、何かちょっと遅くね?外が見えるとかならいざ知らずね。


下に到着。滝壺に続くトンネルを進むと…

エレベーターから滝まではちょっと歩く

観瀑台!そんな言い方あんの?まぁ、他に適切な語句は無いのかしらん。

観瀑台ってww

観瀑台自体が二段構成になっていて、この写真は上からの華厳の滝。よく見ると、小さい滝が脇役のように控えめに流れ落ちています。

観瀑台の二階の方から見た滝

この小さい方の滝は、滝壺まで降りないと気がつかなかっただろうなぁ。来てよかった。

ではでは、下の展望台にも行ってみます。何々?下には涅槃の滝と呼ばれる別の滝もあるようですよ。へー、華厳の滝だけじゃ無いんだね。

下には『涅槃の滝』もあるらしい

下から見るとこんな感じ。

観瀑台の下の方から見た華厳の滝

太古の昔、ここの地盤が何かの拍子で全部落っこちてこうなったんだろうなぁ。

地盤がスライドして落ちた感じですね

ちなみに涅槃の滝は、観瀑台の遥か下を流れるこの滝。残念ながら、ここからだとそんなにドラマティックには見えませんね。

観瀑台からは涅槃の滝はあまりよく見えない

つーか、今の時期しかこの滝見えないんじゃ・・・

味処 南摩は、駐車場も安いし料理もまぁまぁ美味しいのでオススメ!

華厳の滝を堪能し、エレベーターで地上に戻るとお楽しみのランチタイムです。南摩の二階の食堂は、昭和の空気漂うこの内装。厨房の奥には、地元の主婦の方々なのかご婦人達数人が、忙しく料理を作っている姿が見えます。

南摩の二階は食堂

昨日のスパビレッジカマヤの夕食で出た湯葉刺しが忘れられないぐらい美味しかったので、東京に帰る前にもう一回、ということで、私は刺身湯葉定食を注文。

「日光といえば湯葉!」ということで、刺身湯葉セット。そばとなんとライスまで付いて来る。

ツレはラーメン餃子セット。ここまで来てラーメン餃子セットじゃなくても・・・とも思ったのですが、宇都宮は餃子の町だし佐野はラーメンが有名って考えれば、栃木に来たらラーメン餃子セットもアリかもしれませんね。結構おいしかったみたいです。

湯葉の方は、スパビレッジカマヤの湯葉があまりにも美味しすぎたせいか、「湯葉ってこんなもんだったよな…」と我に返る感じのお味でした(笑)

湯葉はよくも悪くも普通だった

決して不味くは無かったですけど、まぁ普通。日光だからって、どこでも湯葉がスペシャルに旨いと思うなよっ!という教訓を今回は得ました。


食堂の窓から表を見ると、ほとんど上がっていた雨が再び降り出していました。ナイスタイミングで全く濡れずに滝観光出来て、今日はかなりラッキーだったと思います。

ではでは、そろそろ出発!ごはんのお供に付いてきた、そばの実なめことからし椎茸が美味しかったので、帰りに食堂の一階の土産物屋で買って帰ることにしました。ほんとに商売上手だわー

2015年三月現在、日光東照宮は五重塔の内部が公開されている!

これから帰りがてらひとっ風呂です。ほんとはこの後、日光東照宮400年祭(2015年)のプレ企画として特別公開されている日光東照宮五重塔も見に行きたかったのですが、ツレがあんまり乗り気でなく、今回は断念。スカイツリーの設計で、免震構造の参考にされたっつーアレです、ええ。

で、次に私が目を付けたのは、ここから122号線を群馬方面に向かったところにある足尾温泉です。果たして、どんな温泉が二人を待っているのでしょうか?

・・・つづく

華厳の滝エレベーター へのアクセス

住所:栃木県日光市中宮祠2479−2

Tel:0288-55-0030 ‎

URL:http://kegon.jp/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-関東, 栃木県
-, ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!