新ブログ「べっぷ移住物語」

関東 東京都

有明から隅田川クルーズ、浅草で呑んで蛇骨湯でひとっ風呂

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

東京モーターサイクルショー会場の東京ビッグサイトを後にし、ゆりかもめの駅を目指します。駅から直結しているとはいえ、敷地が広いので「遠いな~」と思いつつダラダラ歩いて行くと、ビッグサイトのすぐ脇に水上バスの乗り場が目に入りました。

東京ビッグサイトの水上バス乗り場

以前は北海道行きのフェリーが有明から発着していたそうですね。今でも、徳島行きのフェリーは有明から、伊豆諸島行きのフェリーは竹芝桟橋から発着しているそうですが、私がバイクの免許を取った頃には、残念ながら北海道行きの太平洋フェリーの乗り場は、茨城県の大洗港に変更された後でした。東京から行けていた頃は、きっと便利だったんだろうなぁ…

大洗ってあーた、東京から港に行くのがすでにツーリングよねぇ。

水上バスで隅田川クルーズ

有明からはおよそ一時間おきに日の出桟橋行きが出ているみたい。浅草にも水上バスの乗船所がありますが、有明から浅草へ行くには一旦日の出桟橋まで行って乗り換える必要があるようです。お値段は大人1,160円。意外とそんなに高くないのね。

有明から浅草までは1160円

出発時間までは30分以上ありましたが、せっかくなので浅草まで水上バスで帰ることにしました。


乗り場の建物に入ると、他のフェリーや観光船と同様待合室があって、その一角に有人の窓口がありました。

有明の乗船窓口

30分前にはまだ乗り場まで来る人が少ないのか、待合室は閑散としていました。窓口も閉まっていたのですが、声をかけるとそばで精算や事務仕事をしていた窓口係の白髪頭の男性が窓口を開けて下さいました。

浅草までの行き方を聞くと、普段は有明からだと一旦日の出桟橋で乗り買えるのですが、今日だけ特別に乗り換えなしの直通運転だそう。ほー、何故に?モーターショーとアニメフェア需要なのかな?

閑散とした待合室

乗船の案内があるまで、待合室で時間を潰すことに。待合室には、キオスクぐらいの大きさの売店があって、そちらでお酒もいくつか販売されているようです。生ビールの貼り紙もあるので早速注文すると、生憎今日は生ビールはないんだそうな。缶ビールはあるらしかったのですが、船の中でも生ビールの販売はあるようなことが書いてあったので、船に乗るまでお酒は我慢することにしました。

そうこうするうち出発時間が近付いてくると、気が付けば待合室は家族連れなどで一杯になっていました。外のウッドデッキで船が乗り場に付くのを待つことに。

あれが船が到着する桟橋ですね。早く来ないかなぁ?生ビールが俺を呼んでるぜぇ〜!

船が着く桟橋

そうこうするうち、船の到着のアナウンスが流れました。ゾロゾロと船着き場の方に歩いて行きます。

水上バス到着

こちらが今回乗る船です。意外と綺麗です。二階建てになってるんですねー

水上バスはこんなガラス張りの優雅なデザインです

下の方の客席

ここでショッキングな事実が判明!ビール販売してないって、えっ?どういうこと?今日売らないでいつ売るのよ!

何と今日に限ってビールの販売は無し!

ふっざけんなよー、こんなことなら売店で缶ビール買っときゃよかったわ。しかし、もう買いに戻る時間も無さそうなので、浅草まで我慢することにしました、トホホ…

ではでは出発。さすがにフェリーと違って銅鑼は鳴りませんでした。

さよならビッグサイト(*´∀`)ノシ

席は全部自由席で、私たちは下の方の席に座りましたが、二階の方が人気あるみたい。

いっかいより二階の方が人気があるみたい
一階は殆どがらがら

一階も窓に波が打ち付けて来たりして結構楽しいんですけどね。ただ、やっぱり波しぶきで窓ガラスが汚れていて、写真を撮るとあんまり綺麗には写りません。

一階は波しぶきが迫力満点。でも窓が汚い

それから、二階の窓側の席は、一階からパンツ丸見えになるので注意。

二階の窓側は、床が透明なので注意!

お台場

お台場通過。海の方からだと、フジテレビのあの建物は見えないんですね。

お台場通過

首都高湾岸線をくぐって…

レインボーブリッジ通過

レインボーブリッジは、何度見ても素晴らしい造形美です。

レインボーブリッジ1
レインボーブリッジ2

この巨大な建造物を形作る鉄柱やボルトの一本に至るまで、私の知らないどこかの誰かが設計して製造して、それを運ぶ人がいてまた組み立てる人がいて…とか考えていると、無機質なこの景色も、たくさんの人間の手によって作られた造形物なんだなぁ、と心が熱くなります。

浅草まで乗り換えなしの便ですが、日の出桟橋に一旦寄港します。有明を出港して15分ほどで、日の出桟橋に到着。

日の出桟橋到着
日の出桟橋その2

日の出桟橋というと、海岸通り沿いにラーメン屋がポツンとあるだけのおそろしく何にも無い場所なのですが、乗り場を見るとかなり人並んでるなぁ。せっかく空いてるのに、ここからやっぱり混んじゃうのかな?と思っていましたが、逆に降りる人も結構いて、日の出桟橋で乗客を乗せてもさほど混むこともなく、遊覧船は浅草を目指して出港しました。

そういや、日の出桟橋に停船していたこの船、モーターショーに来た時有明に停まってるのゆりかもめから見えたけど、タイミングが合えばこっちに乗れるのかな?それとも他にツアーか何かがあるのでしょうか。

和風のデザインの遊覧船

日の出桟橋を出港するとほどなく、水上バスは築地市場を通過。場外市場はテレビなどでもよく取材されていますが、場内は一般人にはなかなか見る機会がありませんね。普段道を走ってると築地周辺はトラックがわんさか居ますが、川に面して作られている以上船での搬入出もあるんでしょう。

築地市場通過

勝どき橋。昔は跳ね橋だったそうです。ツレによると、こち亀に勝どき橋を題材にした感動的なエピソードがあるそうですが、マンガはほとんど読まないので詳細は不明。

勝どき橋通過

ちなみに、跳ね橋になってるのは、見切れてる右側の部分だけだそう。そういや、上のアーチ無いな。

勝どき橋を過ぎるとすぐ、コンクリート製の建物の中でひときわ目を引く巨大な木造建築。これは『治作』という料亭で、仕事中近くはよく通るので大きな建物だということは知っていましたが、川の方から見るととんでもない敷地の広さ。鶏の水炊きが有名だそうです。

料亭『治作』

桜が満開の、明石町の聖路加タワー。

聖路加タワー

佃大橋

佃大橋

中央大橋

中央大橋

はからずもいい時期に来ました。川沿いの満開の桜並木と、彼方にはスカイツリーが。

隅田川とスカイツリー、そして満開の桜

永代橋

永代橋

隅田川大橋。上は首都高9号深川線。

川沿いの高速はガン混みですわ、うちらはこんなにエレガントにクルージングしてるっていうのに、(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ…

箱崎近くの首都高激混み

あー、そうか、この先に年がら年中渋滞してる箱崎ジャンクションがあるんだ。離れて見ると、その不憫さが増幅されるなぁ・・・

両国橋の傍らには、支流の神田川のスタート地点が。覗き込むと、屋形船がギッシリ繫留されていました。

神田川のスタート地点

蔵前橋

両国橋

アサヒビール本社・通称う◯こビルのオブジェが、まるで首都高を疾走しているかのようなこのアングル。ここが撮影スポットなのか、水上バスはしばしここで停船。

五分程して水上バスは再び出発し、ほどなく浅草に到着。吾妻橋とう◯こビルとスカイツリーと首都高のコンビネーション。

このアングル、結構気に入った!

ここに来て気付いたんですが、浅草ってお花見のメッカだからどえらい人!せっかくここまで空いてたのに、この人混みの中にリリースされるとは。

人混みにリリースされる私たち
桜満開の隅田川土手

人力車の客引きを尻目に、浅草寺の方に向かって歩いて行きます。

いやしかし有明から乗って良かったわ。そういや、東武浅草駅も最近リニューアルしたとかニュースでやってましたね。

ビール!ビール!ビール!ということで、今回もまた浅草寺脇の伝法院通り・通称ホッピー通りへ向かいます。

仲見世通り

前回浅草に来たのは、レバ刺しが禁止になった2012年の6月以来。浅草界隈は観光客相手の店が多いため、仲見世通りなんかは7時ぐらいにはほとんどの店がシャッターを閉めてしまうので、久々に土産物店を物色しながら歩いて行くと・・・

Ninja Shoes発見!

地下足袋って、ニンジャシューズっていうんだね

そうか、海外じゃ地下足袋のことニンジャシューズって言うのか。

せっかくなので、浅草寺の境内をブラブラしていくことに。

花屋敷の消灯時間ぴったり

ついさっきまで、桜の木々の隙間から花やしきの電飾が煌々と灯っていたのですが、カメラを構えた瞬間絶妙なタイミングで消灯。そうか、もう六時か。

浅草寺の一杯飲み屋街『ホッピー通り』

境内を出てホッピー通り到着。案の定凄い人だけど、席あんのか?

ホッピー通り到着

適当に声をかけると、二人しかいないせいか何とか座れたけど、上着脱げないぐらいギューギュー詰めでした。

さすがに今日は満員

は~、やっとビール。長かったぜぃ…

しかし、めちゃくちゃ店が混んでるのと、お店の人も忙しくてかなり気が立っているようで何となく居心地悪いので、小一時間呑んで次に行くことにしました。

浅草ゆかりの有名人の写真があしらわれた『六区通り』

六区通りという名前の付いた50mほどの短い通りに出ました。

六区通り

「こんなとこあったかなぁ?」と思っていたら、そーいやこないだ下町のプリンス東MAXが、『予約済』と書かれた街灯に、ビートたけしの写真が将来入る予定とかテレビで言ってた記憶。

ここにビートたけしの写真が入る予定?

では、今現在はどんな人が入ってるのかな?

三波伸介

六区通りの三波伸介

うっすらと笑点の司会をされていた記憶があります。

哀川翔

六区通りの哀川翔

浅草と関係があるなんてそもそも初耳。

深見千三郎

誰?

・・・誰?

ほんとはもっといっぱいあるんですが、これだけしか写真撮ってこなかったので悪しからず。確か東MAXのとーちゃんの写真もあったような。なぎら健壱とか。

このメンツでたけしが将来入るかどうかって、たけしが死ぬまで待ってるのか、たけしが断固拒否してるかどっちかよねww

浅草には温泉が湧いている

二軒目を探してブラブラ。そういや、浅草って実は温泉が湧いているのを思い出し、軽くひとっ風呂浴びて行くことにしました。

浅草ROXのお風呂は天然温泉じゃない

温泉が湧いているのは、銭湯の『蛇骨湯』。南関東ではよくある、黒湯と呼ばれるモール泉という泉質です。ツレも私もまだ行ったことがなく、スマホで場所を調べてみると花やしきの近くみたいなので、Googleマップを頼りに歩いて行くと、前を通った浅草ROXにもいつの間にやら日帰り温泉が出来ていました。しかし、後で調べるとここのお風呂、泉質は(というのが合ってるのか)トルマリン風呂や浴槽の床に翡翠を敷き詰めた『ひすい風呂』など、効果のほどはさておき温泉銭湯の蛇骨湯のそばにあるのに天然温泉じゃない上、入浴料2300円。

・・・誰が行くねん

夜の国際通り

国際通りに出ると、通り沿いにあるコインランドリーに、詳細な蛇骨湯の案内看板が出ていました。

国際通り沿いのコインランドリーに、蛇骨湯の詳細な地図が

これによると、蛇骨湯って随分奥まった辺鄙な場所にあるみたいですね。「蛇骨湯どこですか?」って聞いてくる観光客多いんだろうな、この分だと。

浅草の裏道

蛇骨湯は、数年前に改装したという話は聞いていましたが、銭湯と言うよりお洒落なスパみたいな店構えでした。

蛇骨湯入り口

入り口の正面に番台というか有人の受付がありますが、料金やタオルのレンタル料金は入り口の脇の券売機でチケットを購入して受付に渡すシステムです。

受付の脇には、大人五人ほどで一杯になってしまうぐらいの広さの休憩所がありました。

蛇骨湯休憩所

蛇骨湯という名前は、蛇のように細長い敷地の形から来ているそうです。

狭い脱衣場にはやけにたくさんロッカーが設置されていました。場所柄観光客の利用も多いのでしょう。脱衣場から浴室に入ると、ズラッと縦に列んだ洗い場のカランの奥の壁際に、浴室のキャパシティに対し小さな湯船と、箱庭のような屋外スペースには何と露天風呂があります。

茶色い御影石のような材質で出来た湯船は、一見すると黒湯の様には見えませんでしたが、近くに寄ってみると、黒というか麦茶のような茶色いお湯で満たされていました。

私の住む上野にも黒湯の銭湯があるのですが、蛇骨湯のお湯はそれと比べると色があまりにも薄過ぎて、源泉が枯渇しかかってるのではないかと心配になってしまうほどですが、蛇骨湯は何と洗い場のカランから出るお湯にも黒湯が使われているのです。

お湯の色は薄いけど、大量にジャンジャン湧いてるってことでしょうか。でなきゃ、使い捨ての洗い場のお湯まで温泉使わないですよね。

余談ですが、上野の黒湯銭湯はお湯の温度が50度近い超激熱なのに対して、蛇骨湯は適温の42度ぐらい。

これは源泉の湧出場所とは全く無関係で、地形上大半が火山性ではない南関東の温泉は、湧出時の温度は低温のところが殆ど。特に黒湯は、化石化した植物が地下水や雨水に溶け出した物なので、湧出時の温度は井戸水などと同じです。上野のはわざわざ沸かしてそんな罰ゲームみたいな高温にしてる訳ですが、全く意味がわかりません。適温の蛇骨湯が羨ましい。

温泉で温まって、急にどっと疲れが出てしまいました。そういえば、今日は結構歩いて思いの外疲れていたみたい。もう一軒呑みに行くつもりだったけど、今日はもう帰ることにしました。私の住む上野と浅草は同じ台東区内だけど、まだまだ知らないことがたくさんあるんだなぁ〜。もっと浅草のこと知りたいと思った一日でした。

蛇骨湯 へのアクセス

住所:東京都台東区浅草1-11-11

Tel:03-3841-8645

URL:http://www.jakotsuyu.co.jp/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-関東, 東京都
-, , ,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!