新ブログ「べっぷ移住物語」

中部 長野県

露天風呂に浸かるサルが見られる、地獄谷野猿公苑には歩きやすい靴で

2016/11/05

現在 1 / 1 ページ目

地獄谷野猿公苑への林道

渋温泉を通り過ぎてすぐに山に逸れる細い脇道がありますが、これが地獄谷温泉へ行く唯一の道です。結構本格的な林道、おまけに両通!あちこちですれ違うのに手間取る車両がつっかえてますが、信号付けて交互通行にするとか何かいい手はないもんか?

林道を15分ほど走ると突然視界が開けて、地獄谷温泉の駐車場に到着です。

野猿公苑が近づいてくると突然開けてくる
地獄谷野猿公苑駐車場

地獄谷温泉は後楽館という宿が一軒あるだけの温泉地ですが、天然記念物の噴泉と温泉に浸かるサルが見れる野猿公苑が人気。

サル苑とは言っても、動物園のようにしっかり冊で囲ってる訳ではないので、駐車場の近くからちらほら猿の姿を目にします。ニホンザルってあんまり可愛いイメージ無かったんですが、実際見るとフワフワで愛らしいフォルムですね。

川岸に佇むサル

かわいいからといって、餌を与えたり触れたりは厳禁です!ビニール袋の擦れる音をおやつの袋か何かと勘違いするらしいので、襲われないよう隠して歩きましょう。食べ物の食べ歩きも禁止。

結構ハードなサル園への道

川沿いを歩いてサル園へ

そろそろ着いてもよさそう・・・なんですが、いきなり階段登場。これが結構しんどい(・_・;)

サル園への階段
結構きつい階段、ぜーぜー(-_-;)

川の向こうに、滝と山小屋風の建物が見えてきました。あの建物は地獄谷に一軒だけある後楽館という旅館が営んでいた?お茶屋さん。今は多分やってないです。

川向こうに小屋が見えてきた

サル園の手前にある温泉旅館、後楽館に到着しました。

地獄谷噴泉

サル苑へはさらにここから10分ほど歩きます。

後楽館からさらに階段が・・・
立ち上る湯気が見えます

後楽館を過ぎてすぐ現れる地獄谷噴泉。こういう間欠泉は宮城県の鬼首で見たことはありますが、鬼首のと違って途切れなくずっと吹き出し続けています。よくこれだけ温泉が湧いてるもんだなぁ・・・

間欠泉遠景
温泉の噴出口
間欠泉

そしてさらに階段!!!めげそうになってる人いっぱいいましたが、今回の階段は見た目より全然楽です♪頑張って下さい。

野猿公苑はあと少し

地獄谷野猿公苑

野猿公苑入り口に到着

入口で入場料500円を支払い、いざ猿苑へ!

野猿公苑の遊歩道

遊歩道の脇は谷川ですが、大きな岩だと思ってよく見ると…

野猿公苑の脇の河原

猿がいっぱ~い!

サルの親子
サルの親子その2

親子でしょうか?和むわぁ。


この先にサル用露天風呂がある
サル用露天風呂

遊歩道の先には猿用の露天風呂が。サルもいっぱい、進化したお猿さんもいっぱい。

温泉に浸かるサル
温泉に浸かるサルアップ
毛づくろいするサル
昼寝するサル
ノミ取りしてもらいつつ昼寝するサル

いいなぁ、こんな生活…

サルになりたひ・・・

サルの赤ちゃん。きゃぁぁ、カワイイ~

サルの親子
三匹の仔猿

餌の入ったバケツが川の真ん中にぶら下げられていますが、さすがサル!軽やかな身のこなしでバケツから餌をGet!

川の真ん中に吊るされたバケツから餌を食べるサル

どよめくホモサピエンス達…

露天風呂の様子はインターネットで中継されています

サル苑の様子は、ライブカメラで中継されているそうですよ。


ところで、高台にあるサル苑から後楽館を見下ろした様子ですが、これはひょっとして露天風呂?噴泉を見ながら入浴出来るのがウリなんでしょうが、サル苑の営業時間中はまる見えですね…。

サル園から見下ろした後楽館の露天風呂

サル苑のすぐ側なのに、サルは滅多に後楽館のお風呂には入らないそうです。ちゃんと住み別けがされてるんですね。

※カメラのレンズが汚れていたみたいで、ほとんどの画像の中央にににじみが出来てしまいました。ショーーック(´・ω・`)

アクセス

URL: http://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/

住所: 長野県下高井郡 山ノ内町平穏6845

Tel: 0269-33-4379

大きな地図で見る

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-中部, 長野県
-,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!