新ブログ「べっぷ移住物語」

中国・山陰 島根県

平成の大遷宮に沸く出雲大社

2015/09/05

現在 1 / 1 ページ目

玉造温泉を後に、次の目的地である出雲大社に向かう為、再び宍道湖畔の松江道路に引き返して来ました。

宍道湖の周りはやたらと石材店が多く、あちこちに巨大な勾玉のオブジェが飾られていたりすることから、玉造だけにやはり昔から石工がさかんな土地だったのでしょう。

勾玉をモチーフにしたオブジェが点在する玉造周辺

しかし、石材店以外は驚くほど店がありません。そろそろどこかで昼食をと考えていたのですが…

店がほとんど無い松江道路周辺

ようやく湖畔に、出雲大社の神殿を模した外観のドライブインが現れました。が、しかし、建物の周りに無数に立てられた『営業中』ののぼりに反し玄関は閉ざされていて、どう見ても営業しているようには見えません。

ようやく見つけたドライブインは潰れてた

何だよ、やってないなら営業中って出しとくなよ。つーか、宍道湖って観光地じゃないの?観光客向けのレストランや道の駅ぐらい、あってもよさそうなのにな。

そのうち道は宍道湖から離れ、それこそ観光客相手の店なんてほとんど期待できないような普通の市街地を走っていました。

市街地に出るも飲食店は皆無

ぼちぼち建物はあるものの、圧倒的に外食産業が少ないですね、この辺りの人達は他所でご飯なんか食べないんでしょうか?

ようやく通り沿いにうどん屋を発見。しかし、これだけ周囲に飲食店が少ないとなるとやはり需要が集中するのか、さして特徴のある店にも見えなかったのに店内は超満員。順番待ちの人達でレジの前も大混雑です。

え~?実は地元じゃ人気の店なのかな?とはいえ、よそ者的には出雲といえばうどんより蕎麦のイメージだし、並んでまでうどんは別に食べたくないな〜

というわけで、この店はスルーしてもう少し先に進んでみることにしました。

米どころで漁港も近い出雲地方は、回転寿司が激ウマ!

さらにしばらく進むと、スーパーの駐車場に回転寿司が目に入りました。

しーじゃっく出雲店

そういや、出雲て何気に海に近いし、米どころだから回転寿司でも東京のそれよりは遥かにマシなものが食べられるはず!ということで、今日のお昼はこの店に決めました。

しかし、店内に入ってちょっと後悔…なぜなら、昼時だというのにめちゃくちゃ空いていて、どう見ても不人気店にしか見えなかったからです。

え~?ダメなのかな、この店。まぁ、つっても回転寿司だし、いくつかつまんで不味かったら出ればいいや、と全く期待しないで注文したら、これが予想に反してそれはもう感動的に旨い!しかも安い!

島根の人は、もう寿司や刺し身なんか食い飽きてるのかな?何でこんなに空いてるんだろう、この店。

基本、一皿105円均一の店なのですが、この店オリジナルのネタってのもいくつかあって、この大トロ、1カンだけだけどこんなに脂乗ってるのに350円(ぐらいだった記憶)。

しーじゃっく出雲店オリジナル黒マグロ大トロ

東京じゃこのグレードの大トロが安い回転寿司に置いてあることがそもそも少ないし、ちゃんとしたカウンターのとこだとまずこの値段は無いです。ゴイスーだわ、島根。

それから、これもこの店オリジナルっぽい何だっけ?何かエビです。尾頭付き。

カニだけじゃない!山陰の海産物

山陰の漁港といえば鳥取の境港が有名ですが、島根にもクロマグロが揚がる浜田漁港という港があるんだそうです。

今まで山陰の日本海側はマツバガニとかのイメージしかなかったのですが、生のマグロも揚がるんですね〜、全然知らなかったなぁ。しかしこの店で、レギュラーメニューのびんちょう大トロなんて頼む客いんの?

回転寿司のしーじゃっくは、山陰や中国地方にはいくつもあるお店みたいなので、食事場所に困ったら是非利用してみて下さい。あと、この記事を書いていて知ったのですがこの店関東にもあるんですね。しかし、さすがに関東で同じグレードの寿司が低価格で食べられるとは思えませんが。実際、西日本と関東ではちょっとメニューも違うみたい。

しーじゃっく | お店の紹介

平成の大遷宮に湧く出雲大社

では、お腹いっぱいになったので先に進みます。

それにしても、弘、(ポータブルカーナビ)と車に元から付いてるカーナビが、不思議なほど全く違うルートを指すので、どっちがいいのかよくわからないまま車のナビの方を優先して進むと、どう考えてもそんな凄いもんがあるとは思えないような住宅街の中の道に出ました。

ほんとかよ〜、しかし所々に立っている青看板を見ても、進行方向に出雲大社があることは間違いないようです。

15年前のカーナビの案内で、信じられないぐらい細い道に誘導される

こんな道を観光バスがバンバン通るの?まさかね。

こんな細い道を観光バスがバンバン通るなんて信じられない・・・

そうこうするうち、これが本来のルートだろうと思しき道に合流。ここに来てようやく弘、と車載のナビの案内が一致しました。何やねん、全く・・・

出雲大社は、前方の小高い山の中にあるのだろうか?

田園地帯が広がる平地をずっと走ってきましたが、道は前方に見える小高い山の方に続いています。

丘陵地の様な緩やかな斜面を上って行くと、カーブを曲がった先に古代出雲歴史博物館なるモダンな建物が現れ、突如沿道に大勢の観光客の姿が現れました。

突然沿道に観光客の姿が

20年に一度の伊勢神宮、60年に一度の出雲大社

今年、出雲大社は”平成の大遷宮”の年にあたるので、観光客がこれほど多いのもそのせいかと思われます。

20年に一度必ず建て替えのために遷宮(ご神体を新しい神殿に移す)が行われる伊勢神宮と違い、出雲大社は建物が老朽化してくる60年ぐらいを目安に改修のための遷宮が行われます。天皇が即位して亡くなるまで元号が変わらない現代日本においては、平成時代に出雲大社が遷宮するのは今回限りということになり、また伊勢神宮の遷宮とも年が被ることから、平成の大遷宮と呼ばれているのです。

しかし、さっきまであんなに空いてたのにどっから来たんだ?この車と人間!

平成の大遷宮に伴い周辺の道は大渋滞

駐車場はすでにいっぱいの様子で、すぐそばに臨時駐車場が設けられていました。臨時駐車場は本来は野球のグラウンドか何かのようで、グラウンドの周りは普通に住宅街でしたが、60年に一度のこととはいえ、こんなに道が渋滞したんじゃ近所の人たちも大変ですね。

臨時駐車場から出雲大社の敷地までは、歩いて5分ほど。

通りに出ると、前方はるか彼方に今まで見たこともないような巨大な日本国旗がたなびいていました。

国旗を目指して歩いていくと、本来の出雲大社の駐車場に到着。日本各地のナンバープレートを付けた観光バスがぎっしりと並んでいます。

駐車場の脇を流れる小川には小さな太鼓橋が架かっていて、ここから先が神域であることを表しています。

駐車場から境内へ

駐車場からのアプローチには、道ばたに家庭菜園のような小さな畑があったりして、皇居にも水田や養蚕所があるぐらいだし、農作物を育てるのも何か大事な神事の一つなのかな?と思ったりしましたが、調べてないので詳細は不明。単純に神社の人の趣味だったりしてwww

駐車場からのアプローチ

そうこうするうち、いきなり手水舎の前まで来てしまいました。参道は完全にショートカットしてしまった様子ですが、まぁいいや、もう暑くて暑くて。そろそろ一雨来そうだな、この蒸し暑さ。

あまりの暑さにあたまを洗う

手水舎の脇には、因幡の白ウサギをモチーフにした銅像や・・・

因幡の白ウサギの銅像

何だろうこれ?何か崇め奉ってる風ですが、対象の像?が修理中なのでどういう場面を描いた像なのかは不明。

何かを讃える像?

鳥居をくぐって境内へ。参道の入り口には遠くからも見えるような巨大な鳥居が立っていましたが、境内入り口の鳥居は至って控えめなサイズ。

鳥居をくぐると、神馬と神牛の厩がありますが、実際は銅像の馬の像が置いてあるだけでした。

神馬舎には馬の銅像があるだけだった

そしてその側には、今回の大遷宮に出資した企業・団体の一覧が掲示されていますが、これがビビるぐらいのそうそうたるメンツ・・・日本人てこんなに信心深かったっけ?

遷宮に資金を提供した方々

そして、一見全く神道とは関係無さそうな宗教団体からも資金提供がされているのは意外でした。

有名企業や新興宗教団体の名がずらり

出雲大社の遷宮はあくまで”手直し”

前方に拝殿が見えて来ました。

出雲大社拝殿

しかし、拝殿は現在改修工事中のため、周囲はバリケードで囲まれています。

拝殿は改修工事中

参拝は隣に新しく建てられた仮殿へ。

拝殿の仮殿

式年遷宮と随破遷宮

一定期間で完全に神殿を建て替え、ご神体を移し替える伊勢神宮のような遷宮の形式を『式年遷宮』と呼びますが、それに対し出雲大社は建物の傷んだ部分を手直しするために一時的に仮殿を建設し、そちらにご神体を移す『随破遷宮』というスタイルをとっています。

なので、拝殿の隣に新しい建物が建ったからと言って、古い方の建物を建て替えるとかそういうモンではないらしいです。新しい方はあくまでも改修工事中の”仮”の神殿。


拝殿の奥には御本殿があります。

御本殿前の八脚門

御本殿正面の八脚門。参拝客はここから中には立ち入ることが出来ないので、塀の隙間から中を撮影して見ると・・・

どこを新しくしたのよくわからない御本殿

一から新品に建て替える伊勢神宮と違い、こちらは”改修”なのでどこが新しくなってんだか初参拝の私にはさっぱり分かりませんが、特に傷みやすい屋根の葺き替えなんかを中心に手直しがされているそうですよ。

しまね観光ナビによると、ビフォーアフターは並べて見ると一目瞭然であります。

↑ Before

出雲大社改修後

↑After


御本殿の周りをぐるっと一周して行きますか。

本殿周りをぐるっと一周

これは彰古館といって、資料館のような建物らしいのですが、この時は閉まってました。

彰古館は資料館のような建物

素鵞社(そがのやしろ)は、素戔鳴尊(すさのおのみこと)を祀る社だそうです。こっちはまだ屋根の葺き替えはされていないようで、表面が苔むしています。

確かに、素鵞社と比べると御本殿は屋根だけでなく全体的に綺麗になってますね。う〜ん、なるほど、これが随破遷宮なのか。

比べると分かる回収後の建物

結婚式で賑わう神楽殿

駐車場の方から見えた巨大国旗を目指し歩いて行くと、境内の外に出たようです。

日本国旗の近くの出入り口から外に出る

来た時通ったのとは違う、土産物屋が建ち並ぶにぎやかな通りに出ました。

土産物屋が建ち並ぶにぎやかな通り

これで終了かと思いきや、出てすぐのところには神楽殿がありました。

拝殿によく似た神楽殿

先程の拝殿前にも立派なしめ縄(注連縄)が架かっていましたが、こちらのしめ飾りも負けず劣らず巨大です。

日本最大級のしめ縄

神楽殿の脇では、結婚式を挙げるカップルが記念撮影をしていました。ほー、いいなぁ神前式。今は逆に、ウエディングドレスより新鮮な感じしますね。

神前式を挙げるカップル

神楽殿の中を覗くと、中でも今まさに別のカップルに宮司さんが祝詞を上げている真っ最中。一日何組ぐらい式挙げるんだろう。

結婚式が数珠つなぎの出雲大社神楽殿

ではでは、そろそろ出発しますかね。近くにいたツアーガイドさんが、「出雲大社の中で”出雲大社”と表記されているのはここだけ」というので、一応撮影しときました。巨大日本国旗の傍の出入り口にて。

出雲大社で唯一出雲大社と書かれた石碑

・・・つづく

出雲大社へのアクセス

住所:島根県出雲市大社町杵築東195

Tel:0853-53-3100

URL:http://www.izumooyashiro.or.jp/

PR:

現在 1 / 1 ページ目

-中国・山陰, 島根県
-,

 
べっぷ移住物語banner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!