べっぷ移住物語

温泉が好きすぎて別府に移住してしまいました

 

グルメ

九州のお祝いの席で欠かせない「淡雪」

1 / 1 page

こどもの日に、スーパーの惣菜コーナーで見たこともない食べ物を目にし、思わず購入してしまいました。
惣菜コーナーで売られていた「淡雪」
「淡雪」なる駄菓子チックなピンクの直方体の塊。
淡雪なる謎の食べ物
パート先に持っていって地元に人に聞いてみたところ、淡雪は泡立てた卵白に砂糖を加えて寒天で固めたお菓子で、紅白作ってお祝いの席に出されるそうです。大分というか、九州全域で食べられているようですね。普通は家庭で作るもので、スーパーで売っているのは珍しいらしいそうな。

「赤い寒天を使うと赤い淡雪になって、色のない寒天を使うと白い淡雪になる」と地元の人。そもそも東京では赤い寒天が売られていないと言うと、「嘘っち?!」とかなり驚いている様子でした。あぶくを噛み締めているような独特の食感で、意外とおいしいですがひたすら甘いのでたくさんは食べられないかな。

ちなみに、九州では羊羹もよく家庭で作るそうです。作り方は、こしあんを寒天で固めて中に栗を入れたりするとのこと。羊羹自作とは考えもしませんでしたが、市販の羊羹も寒天で固めてるんだろうか?羊羹というか水ようかんみたいな感じなのかな?

1 / 1 page

-グルメ
-

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!