べっぷ移住物語

温泉が好きすぎて別府に移住してしまいました

 

大分のお酒

由布院・麻生本店「麻生富士子」はかぼす割に最高なスッキリ味

1 / 1 page

私の行きつけの酒屋さんで、お酒関連の記事を書く際にたくさんのアドバイスを頂いている、別府駅東口の「酒のコタニ」。
コタニ外観
別府の地酒専門店の先駆け的なお店です。

コタニの詳細は、友人が運営する別府のポータルサイトに投稿した記事を御覧ください。
別府駅前「酒のコタニ」で、こだわりの地酒を試飲し倒してきた!|別府情報かけ流しサイト「べっぷる」

今回は「大分名物かぼすに合う焼酎」というテーマで、お店の方におススメを選んでいただきました。その名も…
麻生富士子

麻生富士子

誰??

麻生富士子は、由布院にある酒蔵・麻生本店の麦焼酎で、麻生富士子は蔵元の奥さんの名前。確か別府の方だったと記憶しています。

どんだけ嫁さん好きなのよ、蔵元??しかし、フジ子と聞くと桂歌丸の奥さんのフジ子さんを思い出してしまう笑点ニストなので、逆に尻に敷かれているような気がしないでもないです。

http://www.asouhonten.com/introduction.html

富士子が気になって、麻生本店のHPを見てみました。

しかし…

>「麻生富士子」は麻生本店女将の名前です。
> 生産量は少ないので “幻の焼酎”と言われることもありますが、麻生本家の女将同様、少し恥ずかしがりやのお酒なのです。

なんか・・・カワイイね。恥ずかしがりや過ぎて、商品がひと目に触れることも少ないとは。

しかし、春・秋限定「富士子スペシャル」とか、女子プロレスの持ち技みたいですごい出たがり臭がガンガンくるんですが。春になったら通販で買ってみたいと思います。

かぼすに合う焼酎の条件は「減圧蒸留」

そんなことは置いておいて、「かぼすに合う焼酎」の定義としましては、「減圧蒸留であること」が挙げられます。

焼酎の蒸留方法は、簡単に言うとお酒の成分を含んだもろみを蒸留器の中で熱し、蒸気を集めて液体化しますが、この際に、蒸留器の中の空気を抜いて気圧を下げることで、沸点を下げて蒸留する方法を「減圧蒸留」と呼びます。

この方法は近年開発されたやり方で、焼酎特有のニオイなどが少ない飲みやすい焼酎に仕上がるのが特徴です。昔はとにかく癖が強く飲みにくいお酒だった焼酎が格段に飲みやすくなり、女性などにも好まれるようになったのは、減圧蒸留法が開発された功績でもあります。

しかし、減圧で蒸留すると素材そのものの味が損なわれ、特徴に欠ける仕上がりになりやすい、というデメリットもあり、芋焼酎などの「癖の強さも味のうち」というような焼酎は、減圧を行わない「常圧蒸留」が好まれる場合もあります。常圧がいいか減圧がいいかは、飲み方やその人の好みで別れますが、かぼすなどの柑橘の味を堪能するならば、味やニオイに癖が少ない麦の減圧が最適。

県外では出回ることの少ない「黄かぼす」

麻生富士子は、飲みやすい減圧と味わい豊かな常圧の絶妙ブレンド。スッキリとしていてクセが少なく、どことなくフルーティーな味わいも感じられる、女性らしい優しい味わいの麦焼酎です。度数は25度と17度がありますが、こちらは25度。
黄かぼす
大分県は、言わずと知れたかぼすの産地ですが、冬場になると「黄かぼす」と呼ばれる熟したかぼすが出回ります。黄かぼすは酸味が少なくマイルドなので、お酒に入れるなら、お酒の味を邪魔しないので緑のかぼすよりもオススメです。
飲みやすすぎて危険な麻生富士子+黄かぼす
雑味の少ない麻生富士子は、かぼすを入れることでさらに飲みやすくなります。危険なほどホイホイ行けるので要注意。
私は720mlをほぼ一晩で開けてしまいました。

もし大分においでの際に麻生富士子を見つけたら、何かの縁と思ってぜひかぼすと割って飲んでみて下さい。

追伸:

HPの会社概要のページに、富士子さん小さく顔出しされておられます。恥ずかしがりやか尻に敷いているかは・・・不明。

麻生本店の詳細

住所: 大分県由布市庄内町畑田16番地
Tel: 097-582-0008
URL: http://www.asouhonten.com/index.html

1 / 1 page

-大分のお酒
-,

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなんちゃら街道をフォローしよう!